4コマガイド、座り続けると痛くなる腰のセルフケア

    歪み,痛み

    座り続けると痛くなる腰のセルフケア。どれが良い?

    ① 酢を飲んで体を柔らかくする。 ② 肩から腰の順にストレッチ。 ③ 腰の集中ストレッチ。答えはこの続きで・・・

    松乃わなり 執筆者 松乃わなり 骨盤力®の開発者、冒険家。プロフィール>>>

    ヒントは

    肩の力が抜けて腰が安定、

    4コマ骨盤力ガイド

    1

    肩甲骨はがし

    肩甲骨がよく動くと骨盤も動きやすくなります。

    座っているときは骨盤は動けないのでその分、肩甲骨を動かしたいものです。

    やり方はこの後の動画でご紹介しています。

    矢印

    2

    直角座りストレッチ

    これは腰が痛い方の必須セルフケアと言っても良いくらいです。

    座り続けると腰が痛くなる方はキツイかも。焦らずに行いましょう。

    直角座り

    矢印

    3

    ハムストリングスをストレッチしよう

    片足を前に出して前屈します。

    座ると骨盤は後傾します。ハムストリングスをストレッチして骨盤の後傾にゆとりを保たせます。

    ハムストリングスのストレッチ

    骨盤

    矢印

    4

    骨盤を片側づつ動かそう

    膝を曲げないで脇腹を意識して骨盤を片側だけ引き上げます。

    頭や体幹を横に倒さないようにしましょう。よく動く骨盤は、腰痛を寄せ付けません。

    骨盤で歩く

    仙骨を立てる

    歪み4コマガイド、正解は

    座り続けると痛くなる腰のセルフケア。どれが良い?

    ① 酢を飲んで体を柔らかくする。 ② 肩から腰の順にストレッチ。 ③ 腰の集中ストレッチ。

    矢印

    正解は

    ②肩から腰の順にストレッチ

    肩の動きが悪いと重心が上に上がって骨盤は安定しなくなります。すると正しい姿勢で座ることが難しくなって負担が増え腰の痛みにつながります。腰回りのストレッチも重要ですが肩から順番にやると良いです。

    動画で学ぼう、座り続けると痛くなる腰のセルフケア

    骨盤力をもっと詳しく知りたい

    座り続けると痛くなる腰痛は猫背がとても多い

    座り姿勢が悪く常に仙骨を寝かせた状態(お尻を前にずらした猫背の座り方)で座ってませんか? 下イラスト右。この座り方は直腸に上半身の体重がかかるので負担が増えます。お通じにも影響が。

    猫背とお通じ

    座り続けて腰が痛くなる人の多くが猫背で座っています。

    猫背で座る特徴は仙骨が寝ている事、腹腔が圧迫されること、そして肩甲骨が外側方向にズレて鎖骨付近も圧迫されることです。これらの問題を解決するには仙骨を立てて肩甲骨を背骨よりに寄せて座ることです。

    猫背と腰痛はこちらも参考に > 4コマガイド、前かがみで痛くなる腰のセルフケア

    猫背で座るさらに骨盤力をもっと詳しく知りたい

    座り続けると痛くなる腰のセルフケア「後編」>>>

    お名前とメールアドレスを入力し確認ボタンを押してください。ただちにレポートをお届けします。

    関連記事

    松乃わなりプロフィール

    推薦をいただきました

    著書

    体の歪みを治す教科書 「休め!」のポーズで死ぬまで歩ける骨盤のつくり方 出版


    自然にもどろう

    .
    私たちは進化してきました
    生を受けて
    育って、学んで、働いて、進み続けてきました

    .

    自然にもどろう、
    人間に備わった自然なリズム
    自然な姿勢、自然な美しさ
    それをとりもどすことで人が本来持つ健康と美しさを享受することができます

    .

    自分と、自然が一体となる
    自分と、地球の美しさ健全さを共に考えるとき
    内側からの力が沸いてくることを感じられるのです

    .

    自分と地球の<自然体>を繋ぐ活動です

    TOP