「休め!」のポーズで死ぬまで歩ける骨盤のつくり方&NHK

売れてます!アマゾンのサイトへ>>>

NHKカルチャースクールでも登壇します

矢印

ありがたい限りです。そこでメルマガのご案内!

メルマガ登録

これは僕が勝手に思っている事ですが、僕は著書を読んでいただいた方は、大切な仲間だと思ってます。だからメルマガは、僕とあなたとのコミュニケーションツールでありたいと思っています。

学べるメルマガはもちろん、面白かった近況報告なども配信して、あなたとの距離を少しでも縮める事ができたら嬉しいです。

僕は日本人の姿勢を本当に良くしたいと活動し続け22年経ちました。おかげさまで共感していただける方も日本中&海外8ケ国に広がってくれました。このメルマガもその一環です。メルマガ購読してくれる方が増えると、それだけ仲間が増えたように思え勇気をもらえます。

イベントの案内はメルマガで行っています

メルマガ購読はもちろん無料です。必要ないと思ったら簡単に解除できます。

22年間貫き通してきた事は、【正しく楽に立つ】です

正しく立つ。とはちょっと違います。楽に立つが加わります。

22年前。修行時代。東京女子医大の病院の待合室に座って、ひたすら人々の歩き方を観察していました。手ぶらで歩いている人が多いからです。

数千人を観察していて気がついた興味深い事実。

  • ほとんどは猫背など悪い姿勢で立っています。
  • 姿勢が良い人も正しい姿勢では立っていません。

つまり正しい姿勢(書籍などで解説してある正しい姿勢)で立っている人はいません。0人です。実際に僕も正しい姿勢で立ってみましたが・・・疲れました。

しかし・・・観察を続けるうちに面白いことに気がつきました。カッコよく立っている人。この人は姿勢良いなあ。と思える方の立ち方は「休め」のポーズで立っています。

「休め」のポーズは、学校の朝礼でやっていた「気をつけ!」「休め!」のそれです。

学校の朝礼で校長先生が登壇。全員「気をつけ!」書籍などで解説してある正しい姿勢で立ちます。

これから校長先生のありがたい(?)話があるのでリラックスして聞きましょう「休め!」です。

  • 正しく立つは「気をつけ!」
  • 正しく楽に立つは「休め!」なのです。

猫背の治し方や正しい姿勢の情報は、世に溢れています。しかし「猫背が治って正しい姿勢になった♪」という喜びの声は極端に少ない。この現実からも正しく立つと、正しく楽に立つは似ているようで違う立ち方。つまり、正しく楽に立つ「休め」のポーズです。

「休め!」のポーズで死ぬまで歩ける骨盤のつくり方

TOP