ジャングルマラソン250km

松乃わなり松乃わなり

姿勢から女性を美しくする整体師

美しい姿勢を未来へを理念に、通う回数を減らすセルフケアを24年間主宰。顧客は日本を代表する世界的企業のCEOや東京大学名誉教授医学博士、東京大学名誉教授工学博士など全国に多数。

著書3冊(2022年1月、4冊目5冊目を執筆中)

  • 2冊目の著書は生協での取り扱いが決まり増刷。
  • 3冊目の著書はアマゾンキャンペーンで1位を3部門で獲得

体の歪みを治す教科書 「休め!」のポーズで死ぬまで歩ける骨盤のつくり方 出版

命懸けでメソッドをテスト

54歳のときにマラソン未経験で世界一過酷(3名の選手がレース中に命を落としています)と言われるサハラ砂漠マラソン250kmに無謀にもチャレンジ。意識を失って倒れるもラクダの歩き方にヒントを得て歩き方を工夫し見事完走。

サハラマラソン完走の成果を「まぐれ」と言われたために、汚名返上で世界一危険な南米アマゾンのジャングルマラソン250kmに挑戦し完走。その後もチャレンジを続け合計950km走破した冒険家(日本人最高齢記録)

趣味はゴミ拾いとボランティア活動

東日本大震災の時は1年間、車中泊しながら瓦礫を拾い続けました。

松乃わなり

TOP