背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背になる7サイン「骨盤力スクール公式」

体幹,姿勢

背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背になる7サイン

子どもの頃を今でも引きずってます。

50歳の女性との会話です。「肩こり、めまい、偏頭痛に長年悩み半分は諦めてますが、やはり猫背だと思います。子どもの頃から背が高かったので背中を丸めて前かがみでした。鏡に映る自分に何度嫌気がさした事か・・・」

背が高いから目立ちたくない。

いつも背が低く見えるような姿勢をしている。目立つとダメ。いじめられる。そんな思いが交差するからでしょうか? 姿勢は人間の器そのものですから、器が歪めば中身も外見も歪んでストレスを受けることは想像できます。大切な子どもたちを守るためにも、ちょっとした変化に気づくきっかけになれば幸いです。

矢印

猫背になる7サイン

1

下を向いて食事している

目立たないから下を向く。

スマホいじりも手伝ってか下向きが普通っぽくなった感がありますが・・・美味しい物を食べれば、大好きな家族と食事を楽しめば自然とお顔は上を向くはずです。

食事中のお顔の向きを、姿勢を見てあげてください。本当は美味しいのに美味しそうな表情を見せることなく、たんたんと口を動かしている。口は命の入り口、心の出口です。根深いものを抱えているのかも知れません。なお食べ物をお口に運ぶときは軽く下を向きます。テーブルマナーであり顎の構造からもこれが自然です。

関連記事 > 4コマガイド、姿勢を良くしたい、優先順位の高いのはどれ?

猫背

矢印

2

お尻をずらして座る癖がある

背を低く見せる座り方です。骨盤が後傾し骨盤は開いてしまいます。

さらに膝を揃えるための太ももの内側の筋肉(内転筋群)も緩むので弱い足腰になってしまいます。

猫背で内股が開いた座り方

頭は体幹の上に載せましょう。横からみたら一目瞭然です。関連記事 > 4コマガイド、正しい体育座りと猫背の体育座りの違いとは

猫背とスマホ

矢印

3

歩くときの腕の振り方が斜め

動画10秒位から腕の振り方に注目です。

左が猫背で歩いている時で腕が斜め方向(お腹の前方向)に振れています。肩が前に巻いた、つまり猫背です。

立ち止まった時の手指の方向。

イラストA,Bは人差し指が進行方向を向いています。これは肩が前に巻き込んでいる(猫背)です。正しくは右端C、親指が進行方向を向いているのが正しい状態です。

脇を締める、開く

矢印

4

直角座りが出来ない、痛がる

お尻を壁にピタリとつけ、膝をピンと伸ばし、そして足首は直角に曲げます。

悲鳴をあげる。痛くてできないなどは猫背です。お子さんと一緒に写真のように壁に沿って座ってみましょう。

関連記事 > 4コマガイド、座り続けると痛くなる腰のセルフケア

直角座り

骨盤力をもっと詳しく知りたい

背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背になる7サイン「後編」>>>

骨盤力いいねマーク

期間限定プレゼント5月30日(日)まで!

腹やせを邪魔する間違った常識

困ったハイヒールはダメ!
喜ぶ女性ハイヒールは正しく履けば健康サンダル♪

困った 脚の長さが違う,骨盤が歪んでる
喜ぶ女性意味なし!  通う必要もなしです♪

困った 正しいフォームを意識し歩く
喜ぶ女性もっと簡単に歩く方法があります♪

なぜ強く言い切れるの? それはこのテキストを読めば分かります。

腹腹やせを邪魔する3つの常識

半年で宗谷岬〜石垣島の全国&世界8カ所にまで広がったきっかけとなった腹からやせるオンラインのテキスト(13千円相当)をメルマガ登録してくれた方に限定プレゼントいたします。5月9日(日)GW終了まで! 今すぐ登録なさってください。(メルマガでは骨盤力®をしっかり学べる情報も配信中です)

メルマガでは、さらに学べる14の大切な事もお届けします


有料級の情報が14話。クリックで開きます

第 1 回 >人間が崩れていく順番
第 2 回 >歩くマインドフルネス
第 3 回 >肩こりで済む人、五十肩にまでなる人、何が違うの?
第 4 回 >舌でネガティブ感情を振り払う方法
第 5 回 >僕には夢がある!
第 6 回 >靴下を使ったアンチエイジング
第 7 回 >好奇心の話
第 8 回 >好奇心とチャレンジ
第 9 回 >不思議な爺さんの言葉
第 10 回 >骨盤力診断
第 11 回 >背筋は伸ばしてはダメ!
第 12 回 >二の腕が引き締まる姿勢とは
第 13 回 >腹筋にV字型テンションを走らせよう
第 14 回 >姿勢が良いだけではダメです

松乃わなり 主催の松乃わなりです。僕が勝手に思っている事ですが、メルマガは僕とあなたとのコミュニケーションツールでありたいと思っています。

僕は日本人の姿勢を本当に良くしたいと活動し続け23年経ちました。メルマガを読んでくれる方が増えると、仲間が増えたように思え勇気をもらえます。プロフィール>>>

松乃わなり

松乃わなり

姿勢の研究家、骨盤力®の開発者、冒険家

関連記事

特集記事

TOP