華奢だけどしなやか。シャープな肩の作り方

歪み,痛み

華奢だけどしなやか。シャープな肩の作り方

ここがポイント肩やせしているけど、ハリがあってしなやかな印象のシャープ肩。壊れやすいただの痩せた肩とは根本から違う、しなやかに動いていざとなればキュッと締まる。それがシャープ肩です。

作り方のポイントは肩甲骨と骨盤を同時に締めること。肩甲骨を事前に動かしてから、肩甲骨と骨盤の同時締めが効果的です。

松乃わなり 執筆者 松乃わなり 骨盤力®の開発者、冒険家。プロフィール>>>

矢印

1

シャープな肩のポイントは肩甲骨がよく動く事

下イラストの動きをやってみよう。手がお顔から離れないように頭上にあげます。

  1. 肘と手を揃えます。
  2. 手がお顔から離れないように、、、
  3. 頭上にあげた腕は耳について肘〜手指までピンと伸ばす。

しなやかな肩だからこその動きです。

肩甲骨

やりにくい場合はこれ

鎖骨の下をぐりぐりマッサージして、次に大きく背伸びをしてみてください。肩甲骨は動きやすくなっているかと。

鎖骨と肩甲骨

矢印

2

腕を斜め上に伸ばす

肩甲骨だけを動かしてシャープな肩を作ります。

肩甲骨だけを動かすには、体を傾けたり、腰が持ち上がったりしないようにします。

肩甲骨のグラインド

私は姿勢が悪いのよね〜という方は下方向にも動かします。

肩甲骨のグラインド

参考記事
参考記事

矢印

3

肩甲骨はがしをやってみよう

息を吐きながらゆっくりと動かすのがコツです。

 

ここまで肩甲骨を目一杯動かして、肩こりも軽くなっているのでは?

矢印

4

肩甲骨と骨盤を同時に引き締めよう

手のひらをお尻側に向けて手指を握ります。胸を張って腕を持ち上げます。

片足を後方に持ち上げてお尻をぎゅーっと締めます。肩甲骨の内側なども一緒にぎゅーっと締まります。猫背は効果出ないので禁止です。

肩甲骨

重要手のひらは必ずお尻側に向けます。

片足立ちでバランスをとりながら肩甲骨と骨盤を絞めるために、インナーマッスルもぐいぐい働きます。

インナーマッスルは瞬発力やバランス感覚の役目があって別名、若返りの筋肉。きゃしゃだけどしなやかなシャープ肩を作るのに重要です。

まとめ

華奢だけどしなやかなシャープ肩。引き締まった骨盤と肩が、美しい背中を作ります。そして美しいだけではなくてとてもストレスに強いのです。

生き方に芯がある女性はぜひシャープ肩も決めておきましょう。

この方法と可能性を学ぶ2時間>>>

ビフォー

関連記事

推薦をいただきました

TOP