猫背が治らない!それ肩の力を抜く作業位の問題かも

体幹,姿勢

猫背が治らない、大切なのはどれ?

① 矯正ベルトを装着。② 諦める。③ 肩の力が抜ける作業位を意識する。答えはこの続きで・・・

松乃わなり 執筆者 松乃わなり 骨盤力®の開発者、冒険家。プロフィール>>>

ヒントは

緊張している人にかける言葉「肩の力を抜きなよ〜」

4コマ骨盤力ガイド

1

猫背で姿勢が悪い、背筋を伸ばしましょう。しかし・・・

10秒と保たずにまた猫背に戻ってしまいます。

その一番の原因は肩に力を入れて背筋を伸ばしているのです。なぜなら肩に力が入っていることは自然ではないのです。

自然な状態とは肩の力が抜けていることで、さらに肩の力が抜ける唯一のポジションが作業位なのです。では作業位とはいったい何なのでしょうか?

矢印

2

作業位とは?

作業位とは肩の力が抜ける唯一のポジションです。

肘が軽く曲がり、脇に卵をはさんでも落ちない、割れない角度です。肩に力が入ってないために繊細な手作業が可能になります。字を書くとき、ピアノを弾くとき、車の運転ハンドルさばき、包丁を扱う。これら全て作業位で行います。

作業位ができていない場合は「姿勢が悪い」となります。

作業位

肩の力が抜けるから繊細な手作業が可能になります。

体幹への余計な負担が減ります。整体で人の体に触れる。車の運転をするハンドルを握る。包丁で野菜を切る。ピアノを弾くなど手作業を行うときに肩の力を抜く姿勢で行うから繊細な動きが可能になります。

矢印

3

なぜ作業位は大切なの?

肩の力が抜ける唯一のポジンションだからです。

人間の正しい姿とは、上半身は肩の力を抜いてリラックス、足腰は引き締まっていることです。しかし作業位以外のポジションで手作業(字を書く。車のハンドル操作。整体など)を行うと肩に力が入り逆に足腰は緩みます。

子どもが作業位ではない姿勢で勉強していると「姿勢が悪い、目が悪くなる」と注意をしたものです。

骨盤力と植物の関係

矢印

4

作業位の作り方

ポイントは姿勢です。

  • 頭を体軸の上に乗せます。舌は上顎に軽く触れるか触れないか程度につけます。
  • 立っているときはつま先を軽く外側に向け、骨盤に重心を置きます。姿勢反射という作用が働いて骨盤は締まります。
  • 座っているときは仙骨を立てて(左右の坐骨が座面に当たります)座ります。
  • 肘を軽く曲げます。肘を伸ばしても曲げすぎても肩に力が入ります。力が入らない範囲で軽く曲げます。
  • 脇は卵を挟んで割れない、落ちない挟み方です。それ以上それ以下でも肩に力が入ります。

作業位

歪み4コマガイド、正解は

猫背が治らない、大切なのはどれ?

① 矯正ベルトを装着。② 諦める。③ 肩の力が抜ける作業位を意識する。

矢印

③ 肩の力が抜ける作業位を意識する。

肩の力が抜けていることは正しい姿勢の基本中の基本。そして肩の力が抜けるのはこの作業位なのです。

骨盤力をもっと詳しく知りたい

作業位と手指

構える姿勢では4指は揃えるようにします。

4つの指を揃えると下丹田が軽く締まります。逆に指が開いていると(指と指が離れている)間が抜けたような印象になりますし下丹田も緩みます。

護身術では指(特に小指)を開かせて相手の動きを封じ込める技もあるくらいですから指先にまで気を配りましょう。構えているときは指は閉じます。

指を閉じる

骨盤力いいねマーク

作業位と頭

重たい頭は体軸に乗せておきます。特に下向きは要注意です。

頭は重たく体重の7〜10%程度はあります。その頭が一番上にあります。建築の世界では建物の上は軽く作るのが常識です。安定するからです。しかし人間は一番上が重たい。

建物と頭、頭は軽く作る

下を向くと肩や首は力みます。

頭を吊り下げなければならないからです。バランスを保つために腰にあるべき重心が腰高になってしまい骨盤が開いてしまいます。猫背や反り腰の姿勢です。これでは作業位もなにもあったものではありません。

骨盤の前傾後傾

うなだれた姿勢では要注意です。手が伸びなくなります。

やってみると分かります。頭をがっくりとうながれて(下を向いて)手を前に伸ばしてみてください。腕は伸びません。姿勢の悪い子が勉強するとノートと顔がやたら近いのはこのためです。

猫背とスマホ

さらに骨盤力をもっと詳しく知りたい

作業位と体幹の使い方

正面で構えるとき。

机に向かって字を書く、キーボードを打つ、ピアノを弾く、車のハンドルを操作するなどでは体幹(胴体)の正面で手を構えます。上半身の姿勢は作業位です。

脚は揃えます。膝が開いて大股になっていると仙骨が寝やすくなって姿勢が崩れる原因となります。

5-2 半身で構えるとき。

片手で手作業を行うとき、黒板やキャンバスに絵を描くなどでは対角線上の脚(右手なら左脚のど真ん中)の角度の半身で構えます。

下のイラスト右は運動ラインと呼ばれる体の動かし方で対角線上の体幹を使っています。運動パフォーマンスを上げるためにもこの角度はとても重要です。

さらに手首を回内、回外(手でドアノブを回す動き)で肩甲骨の動きを制限したり逆に動きやすくします。回外では基本肩甲骨の動きは制限がかかります。この特性を使ってたとえばスポーツでは怪我の予防につなげたりしています。たとえばボールを投げ終えたときに(腕を振り下ろしたときに手が回外していると肘を痛めます。

作業位

作業位。まとめ

作業位も結局は正しい姿勢の一つで基本的な部分は昔からずっと言われて来てたのですね。姿勢の力、知れば知るほど本当に偉大だと感心します。

動画2分16秒

82歳 いまさらこの年で・・・しかし

美しい姿に感動してくださり「私セルフケアやります!」と力強く言ってくださいました。そして1ヶ月にはさらに引き締まってくれたのです。

笑顔の女性すごい変化。私も体が歪んでいます。あやかりたいです。

松乃わなり 82歳の女性には、赤ちゃんの成長の順番でセルフケアをやってもらいまいた。目が動き → 手遊びし → ハイハイし → 寝返りをうって → 立っちする。

赤ちゃんは本能的に動く姿勢反射というものが多数(15種類?)備わっているそうです。これを利用したセルフケアは効率が良いのです。ちなみに、82歳の女性は今は92歳でお元気とのことです。

笑顔の女性 最初に美しくなるがポイントですね。嬉しくなってモチベーションあがりますね。

82歳の女性にお伝えした事を3日間で学べる動画セミナー

美しい姿勢を未来へ。これが私たちの理念。無料で公開しています。

1日目、どの方向から見ても美しく見える立ち方とは。

2日目、重力を味方につけて体幹を整えるには?

3日目、美然治癒力®とは? 美しく効率が良い体幹とは?

普段使っているメールアドレスを入力し確認ボタンを押してください。20秒以内にメールボックスにご案内を送ります⬇︎

参考、姿勢と解剖学的定義

関連記事

TOP