作業位とは肩の力が抜ける唯一の姿勢で、姿勢矯正ではもっとも大切です

作業位

作業位とは

作業位とは肩の力が抜ける唯一のポジションです。肘が軽く曲がり、脇に卵をはさんでも落ちない、割れない角度です。肩に力が入ってないために繊細な手作業が可能になります。字を書くとき、ピアノを弾くとき、車の運転ハンドルさばき、包丁を扱う。これら全て作業位で行います。作業位ができていない場合は「姿勢が悪い」となります。

「目次」

  1. なぜ作業位は大切なの?
  2. 作業位のポジションの作り方
  3. 作業位と手指
  4. 作業位と頭
  5. 作業位と体幹の使い方
  6. 作業位から脱力したときの指の向き

骨盤力学びの場「骨盤力矯正」骨盤力学びの場「筋肉図鑑」 骨盤力学びの場「学んで活躍」骨盤力学びの場「用語集」

骨盤力

1なぜ作業位は大切なの?

肩の力が抜ける唯一のポジンションだからです。

人間の正しい姿とは上半身は肩の力を抜いてリラックス。重心を腰に置いて足腰は引き締まっていること。しかし作業位以外のポジションで手作業(字を書く。車のハンドル操作。整体など)を行うと肩に力が入り逆に足腰は緩みます。子どもが作業位ではない姿勢で勉強していると「姿勢が悪い、目が悪くなる」と注意をしたものです。

骨盤力と植物の関係

肩の力が抜けるから繊細な手作業が可能になります。

体幹への余計な負担が減ります。整体で人の体に触れる。車の運転をするハンドルを握る。包丁で野菜を切る。ピアノを弾くなど手作業を行うときに昔からしつけの一環として言われてきたものです。

参考 > 姿勢と解剖学的定義

骨盤力

2作業位のポジションの作り方。

  • 頭を体軸の上に乗せます。舌は上顎に軽く触れるか触れないか程度につけます。
  • 立っているときはつま先を軽く外側に向け、骨盤に重心を置きます。姿勢反射が働き骨盤は締まります。
  • 座っているときは仙骨を立てて(左右の坐骨が座面に当たります)座ります。
  • 肘を軽く曲げます。肘を伸ばしても曲げすぎても肩に力が入ります。力が入らない範囲で軽く曲げる。
  • 脇は卵を挟んで割れない、落ちない挟み方です。それ以上それ以下でも肩に力が入ります。

作業位

骨盤力

3作業位と手指。

構える姿勢では4指は揃えるようにします。下丹田が軽く締まります。逆に指が開いていると(指と指が離れている)間が抜けたような印象になりますし下丹田も緩みます。護身術では指(特に小指)を開かせて相手の動きを封じ込める技もあるくらいですから指先にまで気を配りましょう。構えているときは指は閉じます。

手指を閉じる

参考 > 目で見る動きの解剖学(大修館書店)

骨盤力

4作業位と頭。

重たい頭は体軸に乗せておきます。特に下向きは要注意。

頭は重たく体重の7〜10%程度はあります。その頭が一番上にあります。建築の世界では建物の上は軽く作るのが常識です。安定するからです。しかし人間は一番上が重たい。

骨盤力 頭は重い

下を向くと頭と体軸間では距離が発生し肩や首筋には力が入ります。

頭を吊り下げなければならないからです。するとバランスを保つために腰にあるべき重心が腰高になってしまい骨盤が開いてしまいます。猫背は反り腰の姿勢ですこれでは作業位もなにもあったものではありません。

ヤジロベエと姿勢

うなだれた姿勢では要注意です。手が伸びなくなります。

やってみると分かります。頭をがっくりとうながれて(下を向いて)手を前に伸ばしてみてください。腕は伸びません。姿勢の悪い子が勉強するとノートと顔がやたら近いのはこのためです。

猫背でスマホを操作

うなだれて頭を下げれば下げるほど体軸との距離が開きます。

シーソーで中心から離れて座ったほうが下に下がるのと同じです。体軸からの距離が長くなるために力のモーメントと釣り合いのためより大きなが必要になります。肩こりの原因です。

テコの原理

参考 > てこ – Wikipedia

骨盤力

5作業位と体幹の使い方。

正面で構える

机に向かって字を書く、キーボードを打つ、ピアノを弾く、車のハンドルを操作するなどでは体幹(胴体)の正面で手を構えます。上半身の姿勢は作業位です。

脚は揃えます。膝が開いて大股になっていると仙骨が寝やすくなって姿勢が崩れる原因となります。

半身で構える

片手で手作業を行うとき、黒板やキャンバスに絵を描くなどでは対角線上の脚(右手なら左脚のど真ん中)の角度の半身で構えます。下のイラストは運動ラインと呼ばれる体の動かし方で対角線上の体幹を使っています。運動パフォーマンスを上げるためにもこの角度はとても重要です。イラスト

さらに手首を回内、回外(手でドアノブを回す動き)で肩甲骨の動きを制限したり逆に動きやすくします。回外では基本肩甲骨の動きは制限がかかります。この特性を使ってたとえばスポーツでは怪我の予防につなげたりしています。たとえばボールを投げ終えたときに(腕を振り下ろしたときに手が回外していると肘を痛めます。下のイラスト。

作業位

骨盤力

6作業位から脱力したときの指の向き。

  1. 作業位で立ちます。
  2. 肩の力を抜いて脱力します、腕もだらんと下がります。
  3. 脱力してぶら下がった手指を見ます。親指を見てください。

親指が Aの位置にあると残念ながらそれは猫背で肩が巻いている証拠です。正しく立っているつもりでも実は猫背だったのです。

Bの位置はぎりぎり合格ですがCはさらに良いです。アナトミカルポジションに近い姿勢で自然でもっとも美しく見える姿勢です。作業位で肩の力が抜け、アナトミカルポジションで自然体。素晴らしいです。

手指と脇を締める

まとめ

作業位も結局は正しい姿勢の一つで基本的な部分は昔からずっと言われて来てたのですね。

骨盤力・整体スクール学べる123 骨盤力に興味がある方へ

歪みや痛み不調の相談を受けて「大丈夫、私にまかせて!」と言えるようになりたい方へ。高度な内容をレベルを落とさず、分かりやすく学び体験できます。その場で歪みが取れていくからでしょうか満員御礼が続く骨盤力の勉強会です。詳しく見る>>>


関連記事

  1. 椅子

    集中力がみるみるアップ!プラスチックの椅子と姿勢の深い関係

  2. アナトミカルポジション

    アナトミカルポジションを意識した姿勢矯正のポイントは骨盤力

  3. 骨盤力

    O脚は骨盤重心と猫背が原因。子どものO脚も同じです

  4. 足の長さが違う。骨盤が歪んでいる?

    骨盤矯正で足の長さが違うと言われました。> 気にしなくて大丈…

  5. 骨盤力診断

    身体の歪みは「必要悪」あなたの体が歪むほどに頑張ってくれた証…

  6. 生きてください

    始業式を迎える子どもたちへ。生きて。逃げてもOK!


お名前

メールアドレス



推薦をいただきました

  • 東京大学名誉教授、医学博士東京大学名誉教授・医学博士先生
  • 東京大学名誉教授、工学博士東京大学名誉教授・工学博士先生
  • 医学博士 医学博士先生
  • 推薦のメッセージ>>>
  1. O脚の歪みパターン

    2018.12.11

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因とは…

  2. 赤ちゃん

    2018.12.06

    不妊治療に取り組む産婦人科に骨盤力が採用されました

  3. 子どもと家族が食卓を囲む「なんで姿勢を良くしないといけないの?」

    2018.12.06

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  4. 猫背の子ども

    2018.12.06

    背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背にな…

  5. 正しい姿勢の子ども達

    2018.12.06

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  6. 三重県志摩で骨盤力スクール

    2018.12.05

    三重県と和歌山県で骨盤力のスクールは美味しいものが多くて…

  7. 肩甲骨の動き

    2018.12.04

    肩甲骨の6方向の動き方を理解して首〜肩の整体に活かそう

  1. O脚

    2018.09.30

    ハイヒールで階段が楽しくなる方法。ポイントは骨盤力

  2. 猫背ではウエスト〜腹筋へのV字テンションが無くなる

    2018.11.20

    ウエストくびれ矯正は骨盤〜腹筋のVテンションがポイント

  3. 骨盤力アドバイザー滝口さん

    2018.10.20

    歪みを告白し行動した女性

  4. 手指と脇が開く閉まる

    2018.11.15

    歩くだけで引き締る二の腕を骨盤レベルで矯正するポイント

  5. 肩こり

    2018.10.27

    肩こりや偏頭痛も寄せ付けないセルフケア

  6. お尻の筋肉の方向

    2018.09.11

    筋肉の3ステップ勉強方で筋肉に親近感が湧いてきた!

  7. 骨盤力カンファレンス2018-9月

    2018.10.02

    骨盤力・整体スクール、カンファレンス9月開催しました