歪みはあなたが頑張った証。体が歪むほどに頑張ったんだよ

体幹,姿勢

歪みは、あなたが頑張った証。体が歪むほどに頑張ったんだよ

ここがポイント体の歪みは治す必要があるでしょう。しかしそれは歪みを活かしながら治すと言ったほうが良いかも知れません。そしてその想いは通じます。どういうこと? 続きをご覧ください。

松乃わなり 執筆者 松乃わなり 骨盤力®の開発者、冒険家。プロフィール>>>

矢印

1

あなたの身体の歪みは絶対悪?

あなたは今、歪んでいるとしましょう。それをコンプレックスに感じているかもしれないし、痛みや不調の原因かも知れません。しかし・・・好きで歪んだわけじゃないですし。

矢印

歪み

2

歪みはあなたの人生の一部

あなたはこれまでの人生を一生懸命に生きて来た。楽しいこともあった。大変な事もあった。そして今、あなたの体は歪んでいる。だとすると歪みはあなたの人生の一部です。

人生の一部でもあるあなたの歪みを「歪んでいる!」「治さなきゃ!」と脊髄反射的に思う必要はないです。

もちろん歪みは最終的には治しますが、歪みを活かしながら治すと言ったほうが良いかも知れません。

矢印

3

歪みを活かしながら治す

あなたの体を守るために、負担が集中し歪んでしまった。その歪みはあなたを守ってくれていた。自らが歪むほどに・・・

歪みが原因で痛みや不調が出ているのなら、その歪みは整える必要があるでしょう。コンプレックスを抱えている場合もその歪みは整える必要があるでしょう。

しかし歪みを絶対悪のように見るのではなく、体の一部として受け入れてみましょう。違った面が見えてきます。世界が広がります。

事例をご紹介します。

矢印

4

事例、生理は半年に一度

子ども二人を育てるシングルマザーです。肩〜骨盤〜脚〜足首まで歪んでいます。生理は半年に一度。生理痛のときは立てないほどの痛み。肩こりは吐くほど、偏頭痛もひどい。

体の歪みは確かにあります。しかし身体が歪むほど彼女は頑張ってきたのです。そして歪みは彼女を守ってくれていたのです。

だから歪みを活かすことを考えてみましょう。そのための第一歩は

「よくここまで頑張ったね〜私の身体は」と自分を労わりましょう。

シングルマザーの矯正後の姿。ツッコミどころがあちこちにあります。右の臀部が下がっているとか・・・ふくらはぎは左右均等のカーブでないとか。

しかしそんなことは「どうでも良い」と思わせるエネルギーを感じさせる姿です。

そして母の想いは通じました・・・次

骨盤力のビフォーアフター

矢印

5

想いは通じます

お母さんの気持ちは息子さんにも伝わりました。こちらです。

骨盤力のビフォーアフター

まとめ

身体の歪みは必要悪。背景というか「思い」にまで心を寄せてみましょう。

シングルマザーの女性。子育てと生活費を稼ぐ日々に疲れていたと聞きました。子どもたちに不自由をさせていることを申し訳ないと。

後悔、懺悔の気持ちは首に出ます。考えることが多すぎて・・・「もうだめ!」と首がうなだれる。

後悔や懺悔、恋愛感情など人間らしさを感じ考える部分は大脳の前頭葉が働いているそうです。一生懸命に家族のことを考えてきたのでしょう。前頭葉がフル回転し目線が近くなり、下向きになってしまった。

それを首や肩甲骨が支えてくれていた。確かに歪んでいる。しかしこれは一生懸命に頑張ってきた証なのです。

「よ〜頑張った!私の首」と労ってあげてください。

シングルマザーの女性にインタビューしました。動画

スクール

関連記事

松乃わなり,著書

推薦をいただきました

TOP