朝起きたときに痛くなる腰のセルフケア「後編」

体幹,姿勢

朝起きたときに痛くなる腰のセルフケア「後編」

しばらくベッドでゴロゴロして洗面などしていると軽くなってくる腰痛です。背骨から少し離れた脊柱起立筋の付近やお尻に放散痛と呼ばれるズキーンとくる痛みが多いようです。枕は高めを好みがちの方が多く、また椅子に座ると足を組みたくなる方も多いようです。

松乃わなり 執筆者 松乃わなり 骨盤力®の開発者、冒険家。プロフィール>>>

前編に戻る

朝起きたときに痛くなる腰のセルフケア。前編に戻る>>>

もっと詳しく

腸腰筋の柔軟性

寝たときに骨盤を後傾させる動きに柔軟性が落ちている腸腰筋がついてこれなくなり悲鳴をあげていることが考えられます。椅子に座ると足を組みたくなる方も少なくはないようです。

上向きで寝る。上から布団が乗る。重力も上から体幹全体にのし掛かります。体は膝も背中もまっすぐになります。

しかし姿勢が悪く背中が丸いなど普段から筋肉を伸ばしていないと筋肉は伸ばし慣れしていないのでストレスを受けます。鉄棒にぶら下がるのはそのためです。体はいろんなところとつながっていますね。

上向きで寝る

動画2分16秒

82歳 いまさらこの年で・・・しかし

美しい姿に感動してくださり「私セルフケアやります!」と力強く言ってくださいました。そして1ヶ月にはさらに引き締まってくれたのです。

笑顔の女性すごい変化。私も体が歪んでいます。あやかりたいです。

松乃わなり 82歳の女性には、赤ちゃんの成長の順番でセルフケアをやってもらいまいた。目が動き → 手遊びし → ハイハイし → 寝返りをうって → 立っちする。

赤ちゃんは本能的に動く姿勢反射というものが多数(15種類?)備わっているそうです。これを利用したセルフケアは効率が良いのです。ちなみに、82歳の女性は今は92歳でお元気とのことです。

笑顔の女性 最初に美しくなるがポイントですね。嬉しくなってモチベーションあがりますね。

82歳の女性にお伝えした事を3日間で学べる動画セミナー

美しい姿勢を未来へ。これが私たちの理念。無料で公開しています。

1日目、どの方向から見ても美しく見える立ち方とは。

2日目、重力を味方につけて体幹を整えるには?

3日目、美然治癒力®とは? 美しく効率が良い体幹とは?

普段使っているメールアドレスを入力し確認ボタンを押してください。20秒以内にメールボックスにご案内を送ります⬇︎

関連記事

TOP