大腿四頭筋 / 身近にあった解剖学が面白くなるヒント。

大腿四頭筋

立ち上がるときや座るとき、階段を昇り降りするときにとてもよく使われる筋肉。

身体を支え持ち上げるために4つの筋肉で一つのグループになっています。また抗重力筋の一つで、重力に対抗して姿勢を保持するために働いている筋肉です。

『目次』

  1. 大腿四頭筋はこんな筋肉
  2. 大腿直筋
  3. 中間広筋
  4. 外側広筋
  5. 内側広筋
  6. 大腿四頭筋と骨盤力

1大腿四頭筋はこんな筋肉

4つ筋肉のうち大腿直筋だけは骨盤(下前腸骨棘)から始まっていますが、他の3つの筋肉は大腿骨から始まっています。このために大腿直筋は膝を伸ばす動き(膝関節の伸展)と、立って膝をお腹に近づける動きの2つの動き(股関節の屈曲)がありますが、他の3つの筋肉は膝を伸ばすだけの働きだけです。それだけ膝を伸ばすと言う事は大変だと言う事でもあります。

4つ筋肉は膝をまたいで膝のお皿(膝蓋骨)と膝下の親指側(内側)の骨である脛骨についています(脛骨粗面)

大腿四頭筋 筋肉図鑑

 

2大腿直筋

大腿四頭筋を構成する筋肉ですが他の四頭筋と違って股関節から膝関節をまたぎます。

股関節が伸びた状態で最も強い力を発揮します、逆に股関節が屈曲(膝を持ち上げた状態では力を充分に発揮できません。股関節の部分で大腿直筋は折れ曲がっていますからね。

ランニングやジャンプの時にも良く使われますし、方向を変えるとか、ブレーキをかけて停まるときもこの筋肉はよく働きます。打からでしょうか?ランニングの時にヒザが痛くなると、この周辺が痛くなりますね。

大腿直筋 股関節の屈曲 膝関節の伸展

起始
  • 下前腸骨棘(かぜんちょうこつきょく)
停止
  • 膝蓋骨(お皿)の上縁中央
  • 膝骸靭帯をへて脛骨粗面
動き
  • 股関節の屈曲
  • 膝関節の伸展

3中間広筋

大腿四頭筋の中でも3つの筋肉はヒザを伸展させるために働きますが、これら3つの筋肉(中間広筋、外側広筋、内側広筋)には「広い筋」と名前がついているように外側に大きく筋肉が広がっていて大きな力を発揮します。

股関節の屈曲とくに股関節を屈曲させた状態で膝を伸ばす(膝関節の伸展)ではこの3つの筋肉がよく働きます。大腿直筋は股関節をまたいでつながっているからですね。

中間広筋 膝関節の伸展膝関節の伸展

起始
  • 大腿骨の前面の上部2/3
停止
  • 膝蓋骨(お皿)の上縁中央
  • 膝骸靭帯をへて脛骨粗面
動き
  • 膝関節の伸展

4外側広筋

大腿四頭筋の中で一番大きな筋肉で太腿の真横から、後ろ側にまで広がっています。(外側広筋の広いという字はここから来たのでしょうか?)そしてその上を腸脛靭帯が通っています。(大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯 / 筋肉図鑑)

外側広筋(がいそくこうきん) 膝関節の伸展膝関節の伸展

起始
  • 大腿の外側面で大転子の下部
  • 大腿骨粗線の上部1/2
停止
  • 膝蓋骨(お皿)の上縁外側
  • 膝骸靭帯をへて脛骨粗面
動き
  • 膝関節の伸展

5内側広筋

大腿四頭筋を構成する筋肉の一つ

この筋肉はヒザに近い部分の筋繊維の走行線が内側に向かって斜めに走っています、これを内側広筋斜線錐(VMO)と言います。このおかげで膝蓋骨の安定が保たれています。この筋肉群に障害が起こると、例えば少し長く歩いたりするとヒザが抜けそうだとか、ヒザが笑うといった症状を訴えるようです。

内側広筋 膝関節の伸展膝関節の伸展

起始
  • 大腿骨粗線
停止
  • 膝蓋骨(お皿)の上縁外側
  • 膝骸靭帯をへて脛骨粗面
動き
  • 膝関節の伸展

6大腿四頭筋と骨盤力

人間のカラダは植物に例える事ができます。

  • 上半身は枝葉のように肩の力が抜けていてリラックス
  • 足腰は木の根っこのように、引き締まり、スラリと伸びている。

足腰がしっかりと引き締まるためには中心である骨盤がとても大切ですが、その骨盤を支えている大事な筋肉の一つが大腿四頭筋です。

大腿四頭筋の主な働きはヒザを伸ばす事。しかし猫背では・・・ヒザを軽く曲げた状態でなければ歩けません。左の猫背での歩きは、ヒザが常に曲がった状態で歩いてる事が分かります。

直線、直角のポーズ

腰痛の施術も、O脚矯正でも、痛みや不調、コンプレックスを抱えている人はほぼ例外なくヒザが伸びていません。そしてそれは下の写真のような直角の体勢をとらせると出来ないか、または悲鳴を上げます。

背中が突っ張る、ハムストリングスが突っ張る、ふくらはぎが突っ張る、足首が固い、そして大腿四頭筋がしっかりと収縮してくれない事のどれか。または複数が関係して直線、直角のポーズは出来なくなっていきます。その結果、ヒザがピン!と伸ばせなくなり骨盤力が低下します。

直角&直線

なぜ直線、直角のポーズが大切なのか?

大腿四頭筋は股関節を屈曲(イラスト下)する働きと、ヒザをしっかりと伸ばす働きの2種類です。

下の2枚の写真、股関節を屈曲とヒザを伸ばすところが似ていますね。猫背の人はヒザが常に曲がったまま歩いている、するとヒザをピンと伸ばす事が出来にくくなりやがてこのポーズが出来ない、やりにくくなるのです。

骨盤力・整体スクール学べる123 骨盤力に興味がある方へ

歪みや痛み不調の相談を受けて「大丈夫、私にまかせて!」と言えるようになりたい方へ。高度な内容をレベルを落とさず、分かりやすく学び体験できます。その場で歪みが取れていくからでしょうか満員御礼が続く骨盤力の勉強会です。詳しく見る>>>



関連記事

  1. お腹のマッサージとツボ

    腹筋(腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋) / 筋肉図鑑

  2. 大腿膜張筋と腸脛靭帯

    大腿筋膜張筋はウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための…

  3. 大腿四頭筋

    大腿四頭筋(だいたいしとうきん)「整体師のための筋肉図鑑」

  4. 臀筋

    大臀筋などお尻の筋肉と、お尻を使った正しく美しい歩き方

  5. 肩甲骨

    ローテーター・カフ(回旋筋腱板) / 整体師のための筋肉辞典…

  6. 僧帽筋(そうぼうきん)「筋肉・動画辞典」

    僧帽筋(そうぼうきん)「整体師のための筋肉図鑑・動画」


お名前

メールアドレス



推薦をいただきました

  • 東京大学名誉教授、医学博士東京大学名誉教授・医学博士先生
  • 東京大学名誉教授、工学博士東京大学名誉教授・工学博士先生
  • 医学博士 医学博士先生
  • 推薦のメッセージ>>>
  1. 代謝の割合

    2018.12.14

    眠っている筋肉を目覚めさせダイエット効率UP

  2. 骨盤力ともんじゃ焼きで作戦会議

    2018.12.12

    骨盤力女子はもんじゃ焼きが大好きみたい

  3. O脚の歪みパターン

    2018.12.11

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因とは…

  4. 赤ちゃん

    2018.12.06

    不妊治療に取り組む産婦人科に骨盤力が採用されました

  5. 子どもと家族が食卓を囲む「なんで姿勢を良くしないといけないの?」

    2018.12.06

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  6. 猫背の子ども

    2018.12.06

    背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背にな…

  7. 正しい姿勢の子ども達

    2018.12.06

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  1. 年末年始の食べ過ぎをなかったことにするダイエット方法

    2018.11.30

    年末年始の食べ過ぎを無かったことにするダイエット方法

  2. 骨盤力フェスタ

    2018.11.30

    学級崩壊!集中できない子どもと姿勢、猫背

  3. 体幹の回旋、首の回旋

    2018.10.26

    屈曲、伸展、外転などの解剖学用語をイラストと動画で理解し…

  4. 姿勢 子どもと腰椎の前弯

    2018.11.13

    姿勢矯正で壁と腰の隙間は手のひら一枚 って言うけどなぜ?…

  5. ハイヒールで階段

    2018.09.30

    ハイヒールで階段が楽しくなる方法(ハイヒール選び,骨盤力…

  6. 肩甲骨はがしの動画

    2018.10.19

    肩甲骨はがしのセルフケア。1分動画でご紹介。

  7. 大腿膜張筋と腸脛靭帯

    2018.11.19

    大腿筋膜張筋はウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くた…