大腿筋膜張筋はウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための筋肉

大腿膜張筋と腸脛靭帯

大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

ウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための筋肉。ランニングでヒザが痛くなることをランナーズ膝と言いますが、腸脛靭帯がよく関係しています。膝の外側をさすってみましょう。骨が飛び出しているのが分かります。ここがこすれあって傷みがでるのです。これは大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯が足をまっすぐに出るようにガイドのような役目をしているためにおこりやすいのです。

「目次」

  1. 大腿筋膜張筋はこんな筋肉
  2. まっすぐ歩くための筋肉
  3. 腸脛靭帯炎
  4. ネコ背との関係

骨盤力学びの場「骨盤力矯正」 骨盤力学びの場「筋肉図鑑」 骨盤力学びの場「学んで活躍」骨盤力学びの場「用語集」

骨盤力

1大腿筋膜張筋はこんな筋肉

筋肉図鑑

この筋肉は脚の外側について強い靭帯となってヒザ下までつながっています、この靭帯がガイドの役をして歩行時に脚がまっすぐ出るようにしています。歩き方を観察してヒザがぶれているときはこの筋肉を痛めている事が多いようです。

動き

股関節の外転 股関節の屈曲 股関節屈曲と同時に股関節を内旋させる  股関節屈曲と同時に股関節を内旋させるます。

起始

  • 上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)

停止

  • 腸脛靭帯をへて大腿骨外側上顆、脛骨外側顆、腓骨頭

参考 > 目で見る動きの解剖学(大修館書店)

骨盤力

2ウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くための筋肉

腰の横、ちょうどパンツのポケットの辺りから太腿の真横を通って膝の横についている筋肉〜靭帯。これが歩いたりランニングのときにまっすぐ足がでるようにガイド板の役目をしています。

大腿膜張筋

足をまっすぐに出して歩くのは実は大変だった!

そもそも歩くとは足を交互に動かし、重心を入れ替える動作です。脚(股関節から足先)は重たいです。個人差はありますが体重の18.5%はあります。体重が50kgの人では9,25kgです。そこに遠心力がかかります。

遠心力は質量(脚の重さ)x 半径(体軸からの距離)x 速度(歩く速度)の2乗。

なにやら難しそうですが、足をまっすぐに出して歩くのは実は大変だった! というのがイメージ出来ますね。そこでイラスト ↑ のように太腿の横にガイド板のようなものがあって足をまっすぐ前後に動くようにガイドしているのです。赤い板がガイド。これこそが大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯なのです。歩き方についてはこちらも参考にどうぞ。

試してみよう触れてみましょう

立ちます。▼

太腿の真横を手で強めに押し付けるように触れます。そのまま手を押し付けたまま左右に動かしてみましょう。真横の部分は硬い板のような物がある事が分かります。この板のような物が歩く時に足がまっすぐにフラフラとしないようなガイド板の役目をするのです。

骨盤力

3ガイド版に無理な力が加わると炎症>傷み。腸脛靭帯炎

ガイド板に沿って足が送り出されていれば問題はないですが、これが歩くたびに、ランニングするたびにガイド板に衝撃や引っかかり、摩擦などが生じていたらそこから傷みが発生しますよね。この傷みで有名なものが 腸脛靭帯炎です。

膝の外側をさすってみましょう。骨が飛び出しているのが分かります。ここがこすれあって傷みがでるのです。特徴としては休憩すると傷みは収まります。突起にぶつかって傷みがでているのだから当然ですね。そして厄介なことに慢性化しやすいです。なぜなら人は毎日歩くからです。4

骨盤力

4ネコ背との関係

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯は猫背、O脚、ガニ股との関係がとても深いです。もう一度大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯のイラストをみてみましょう。腰周辺で筋肉が分厚くあって、そこから細くなって膝へ伸びて行っています。傷みが出やすいのは膝の横の大腿骨の出っ張り付近。正しい(美しい)姿勢では骨盤が引き締まり、お尻も引き締まり、当然のように連動して大腿筋膜張筋も引き締まります。

ところが・・・ネコ背では骨盤周りはゆるんでしまいます。そうなると脚は歪み、ガニ股はO脚などになってしまいます。こうなると歩くときのガイド役の板には、歩くたびに、ランニングするたびにぶつかってしまいますね。

骨盤力・整体スクール学べる123 骨盤力に興味がある方へ

歪みや痛み不調の相談を受けて「大丈夫、私にまかせて!」と言えるようになりたい方へ。高度な内容をレベルを落とさず、分かりやすく学び体験できます。その場で歪みが取れていくからでしょうか満員御礼が続く骨盤力の勉強会です。詳しく見る>>>


関連記事

  1. ハムストリングス「筋肉・動画辞典」

    ハムストリングスの動きや、姿勢の歪みの関係を動画で学べます

  2. 腕の内側のストレッチ

    円回内筋 / 筋肉図鑑

  3. 臀筋

    大臀筋などお尻の筋肉とトレンデレンブルグ徴候とデュシェンヌ徴…

  4. 僧帽筋(そうぼうきん)「筋肉・動画辞典」

    僧帽筋(そうぼうきん) / 動画で学ぶ筋肉

  5. 三角筋(さんかくきん)「筋肉・動画辞典」

    三角筋(さんかくきん) / 動画で学ぶ筋肉

  6. 大腿四頭筋

    大腿四頭筋 / 身近にあった解剖学が面白くなるヒント。


お名前

メールアドレス



推薦をいただきました

  • 東京大学名誉教授、医学博士東京大学名誉教授・医学博士先生
  • 東京大学名誉教授、工学博士東京大学名誉教授・工学博士先生
  • 医学博士 医学博士先生
  • 推薦のメッセージ>>>
  1. O脚の歪みパターン

    2018.12.11

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因とは…

  2. 赤ちゃん

    2018.12.06

    不妊治療に取り組む産婦人科に骨盤力が採用されました

  3. 子どもと家族が食卓を囲む「なんで姿勢を良くしないといけないの?」

    2018.12.06

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  4. 猫背の子ども

    2018.12.06

    背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背にな…

  5. 正しい姿勢の子ども達

    2018.12.06

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  6. 三重県志摩で骨盤力スクール

    2018.12.05

    三重県と和歌山県で骨盤力のスクールは美味しいものが多くて…

  7. 肩甲骨の動き

    2018.12.04

    肩甲骨の6方向の動き方を理解して首〜肩の整体に活かそう

  1. 骨盤力

    2018.09.12

    骨盤力で感謝されて活躍するポイントを動画で学ぼう!

  2. 骨盤が開いた状態

    2018.11.30

    姿勢、体、心はつながっていると思える3つの現象

  3. 骨盤力の勉強会 福岡

    2018.10.01

    失敗しない整体スクールの学び方。優先順位、学習定着率、お…

  4. 骨盤力で100年アクティブ

    2018.09.03

    逆算の思考法でスクール卒業しぐんぐん伸びていく

  5. 手指と脇が開く閉まる

    2018.11.15

    歩くだけで引き締る二の腕を骨盤レベルで矯正するポイント

  6. 8対2の法則

    2018.09.24

    失敗も「大丈夫」と思える3つの考え方

  7. そば失敗

    2018.09.28

    整体スクール見学。激辛マニュアル / 整体スクールの選び…