個人セッション

ご紹介したいお二人の女性

ビフォーアフター ビフォーアフター

シングルマザーの女性

一生懸命に働きました。自分のことは2の次、3の次で2人の男の子を育て家庭を守ってきました。そして無理が重なり体は歪んでしまい、さまざまな不調が彼女に取り憑きました。

骨盤力のビフォーアフター

彼女にとって一番の不安は、生理が半年に1回と狂ってしまった事です。起き上がる事もできないほどの苦しみが彼女を襲う。気丈に振る舞ってはいても横顔には影が付き纏います。

一瞬でも良いから明るい表情になってもらう

彼女は一生懸命に生きて来たのです。だとしたら彼女の歪みは頑張って来た証です。そんな彼女に対して「骨盤がどうの・・・」といったアドバイスは野暮と言うものです。

「がんばったね、体も悲鳴をあげるよね」先ずは受けいれる事が大切なのではと思います。

一瞬でも明るい表情になってもらう事から始まると思うのです。

彼女の声です

82歳の女性

いまさらこの年で・・・

しかし40分後、美しい姿に感動してくださり「私セルフケアやります!」と力強く言ってくださいました。そして1ヶ月にはさらに引き締まってくれたのです。

笑顔の女性すごい変化。何があったのですか? 私も体が歪んでいます。あやかりたいです。

松乃わなり 通う回数を減らすセルフケアを24年間指導し続けたおかげです自由な体に辿り着きました。

?な女性自由な体?

松乃わなりはい、自由な体のためには原理原則がありそれは、目 → 手 → 肩 → 体幹 → 腰の順番に動く事です。

これは赤ちゃんの成長の順番と同じです。目が動き → 手遊びし → ハイハイし → 寝返りをうって → 立っちする。

赤ちゃんは本能的に動く姿勢反射というものが多数(15種類?)備わっているそうで効率が良いのです。

松乃わなり個人セッション

1あなたを自由な体に戻します

骨盤力

1セルフケアで骨盤力®を回復させます

3 あなた専用のセルフケアプランを作成します

あなたが真剣に変わりたい、痛みや歪みを治したいのならセルフケアしか方法はありません。24年間、通う回数を減らすセルフケアを指導し続けての揺るぎない結論です。

なぜなら凝り固まった体が一番緩む時は、自分で体を動かした後です。運動不足で体が硬くなるのと同じです。

正しい体の動かし方で効果を引き上げましょう

正しい体の動かし方とは、目 → 手 → 肩 → 体幹 → 腰の順番です。赤ちゃんの成長の順番と同じで、目が動き → 手遊びし → ハイハイし → 寝返りをうって → 立っちする。

赤ちゃんは本能的に動く姿勢反射というものが多数(15種類?)備わっているそうです。これをヒントに重力と体幹を意識したセルフケアをやると効率が良いのです。

レ点86歳の女性も出来ました

娘さんからお便りをいただいたのでご紹介します。

ビフォー

足首の、浮腫がとれました。足の浮腫象みたいだったのが無くなりました。母は長唄を習っていてつい先月舞台があったのですが、私も聴きに行きましたが、20分近くソロで歌いました。以前より声が出るようになったそうです。

首を上に向けるストレッチで以前は痰がからんだので、痰を切る薬を飲んだらしいです。今はそれなしでより声が出ると。確かに声が出ていました。

レ点安全です

もっとも安全なエクササイズは、自分で動くです。72歳。

72歳 骨盤力のビフォーアフター

松乃わなり 個人セッション

満席が続いております。空きがでるまで少々お待ちください

松乃わなり満席で申し訳ありません

お詫びとしてこちらのダイエットマニュアルをご用意しました。良かったらお受け取りください。

個人セッションのご案内も優先してご案内いたします。

お名前とメールアドレスを入力し確認ボタンを押してください。ただちにレポートをお届けします。

松乃わなり松乃わなり

姿勢から女性を美しくする整体師

美しい姿勢を未来へを理念に、通う回数を減らすセルフケアを24年間主宰。顧客は日本を代表する世界的企業のCEOや東京大学名誉教授医学博士、東京大学名誉教授工学博士など全国に多数。

著書3冊(2022年1月、4冊目5冊目を執筆中)

  • 2冊目の著書は生協での取り扱いが決まり増刷。
  • 3冊目の著書はアマゾンキャンペーンで1位を3部門で獲得

体の歪みを治す教科書 「休め!」のポーズで死ぬまで歩ける骨盤のつくり方 出版

命懸けでメソッドをテスト

54歳のときにマラソン未経験で世界一過酷(3名の選手がレース中に命を落としています)と言われるサハラ砂漠マラソン250kmに無謀にもチャレンジ。意識を失って倒れるもラクダの歩き方にヒントを得て歩き方を工夫し見事完走。

サハラマラソン完走の成果を「まぐれ」と言われたために、汚名返上で世界一危険な南米アマゾンのジャングルマラソン250kmに挑戦し完走。その後もチャレンジを続け合計950km走破した冒険家(日本人最高齢記録)

趣味はゴミ拾いとボランティア活動

東日本大震災の時は1年間車中泊しながら瓦礫を拾いました。

松乃わなり

TOP