花粉症と断食。ジャングルから生還し決意

歪み,痛み

花粉症と断食

断食で定期的にお腹を休ませる事で快調です。きっかけはジャングル!

元々アレルギー体質でしたが、57歳のときにチャレンジした南米アマゾンのジャングルマラソン250kmで、体内に原因不明の何か?が侵入したのでしょうか、アレルギーが出ました。原因も不明で治療法もないそうで、ダメ元で断食をやってみました。

するとビックリ嬉しい結果に♪

この経験からお腹は24時間365日。休みなく働き続けているのだなと。僕は自分のお腹をブラック企業並みにこき使っていたのだと反省しました。定期的にお腹を休ませる事で花粉症の季節も快調です。

動画で詳しく語っています(YouTube)

骨盤力いいねマーク

なぜ花粉症で断食なのか?

お腹がブラック企業になっているからお腹を休ませよう。

食べ物をぽいっと口に放り込み、もぐもぐごっくんと飲み込む。「あ〜〜美味しかった!」となってその後の事は気にもとめません。しかしお腹=消化器官は別です。あなたが忘れていても全長9mにも渡る消化器官が健気に働いて消化吸収を行ってくれます。

食物の種類にもよりますが口にいれてウンチとして排泄されるまでに12〜72時間かかります。つまりそれだけの長い時間をかけて消化器官は働いているわけです。

現代人はとにかく食べ過ぎと言います。食べ過ぎが何年も何十年も続く。消化器官の身にもなって考えてみましょう。僕が消化器官だったら「たまには休ませろ!」って思います。

そもそも腹一杯食事が出来る! ということは長い人類の歴史の中でも今、この昭和〜平成〜令和のときだけの事でしょう。戦時中はもちろん、歴史をみても毎日腹一杯食べれていたのは一部の特権階級の方たちだけ。たとえば武士にしても、下級武士である三一侍「サンピン・ざむらい」は一年に三両一分で年収32万5千円ほど、毎日腹一杯食べるなど夢のまた夢だったようです。そのようなわけで、少々食べなくても大丈夫です。そのように体は作られています。

ファスティングと断食の違い

  • ファスティングの目的は腸内環境を良くする。
  • 断食は休ませる。

これは似ているようで違うと思います。花粉症などのアレルギーで困っている方は腸内環境を良くする前に休ませるという作業が必要と思われます。なのでファスティングなどの酵素を飲む事もせず、水だけでとにかく消化器官を休ませます。

断食

自己啓発系のセミナーに置き換えて考えて見ましょう。

がっかりブラック企業に勤める花粉花子さんは、毎日毎日ず〜〜〜〜〜〜〜っと

残業続きで身も心もボロボロです。「このままではダメ! 生き方を変えよう! そうしないと私は社畜になってしまう」

そう一念発起した花粉花子さんは自己研発系のセミナーに通うことにしました。頑張ってベットから起き上がりセミナー会場に向かいます。そして眠い目をこすってセミナーを受講し・・・

ちょっと待って下さい。

身も心もボロボロ状態で「感謝しよう」「好きな事を仕事に」「ワクワク」など絵空事です。もちろんそれらは充実した人生を送るにはとても大切な事です。しかし・・・

今の花粉花子さんに必要なのは「好きな事を仕事に」よりも「休む事」ではないでしょうか。許される限り休んで休んで休みまくって±0の状態に戻す。それが大切と思います。

お腹をゆっくりと休ませる。モチリン登場です!

お腹が「ぐ====」と鳴る♪ お腹が休まって来たサインです♪

モチリンという可愛らしい名のホルモンの一種は、お腹が空いたら「ぐ====」と鳴らせお腹を動かしているそうです。

お腹「ぐ====」の目的は、消化を終えて空っぽになって胃を収縮、振動させて胃の内部を掃除するらしいです。例えるなら、布団をパンパンと叩いてホコリを払い落とすような感じです。

断食しているとお腹が「グー」が楽しみです。「ああ、きれいにしてくれているなあ♪」と。

骨盤力いいねマーク

初めての断食

3日間水だけの断食です。

特に断食について情報を得るとか学ぶなどは一切やらずに勢いでやってしまいました。このとき3つの面白い経験をしました。

面白い経験その1

花粉症がギリギリのところで出そうで出ない、しかしたまに出る!って感じです。

一進一退の攻防が体内で起こっている。そんな感じです。なので鼻がグジュグジュになりそうで収まったり、逆にグジュグジュになってしまったりの繰り返しです。また目はかゆかった思い出があります。

時々は鼻がグジュグジュでしたがそれでも今までの花粉症に比べれば遥かにまし。効果はすごい! と思えるレベルでした。

面白い経験その2

体と心が省エネモードになる。全ての動き、思考がゆっくりに。

「どうぞお先に〜〜ニコっ!」って感じです。

面白い経験その3

全身の筋肉がふわふわに緩んだ!

肩こりは今も名残があります。腰やふくらはぎの筋肉にもそれ相応の筋肉のコリはあります。しかしそれらが全て消えてフワフワのマシュマロ状態になりました。これ初めての経験でした。

そしてどうなった?

断食を終えて本当なら回復食としてお腹に優しいものを食べるべきなのでしょうが、あろうことか博多ラーメン、しかも替え玉2個やっちゃいました。終わった!と反省しましたが、しばらく調子良かったです。しかし完治には後一歩って感じでした。

骨盤力いいねマーク

最初の反省から【断食3段階作戦】で花粉症撃退

最初の断食は勢いでやってしまい、その反動で最終日にラーメン&替え玉2個という大失態を犯してしまいました。

じゃあもう一回3日間の断食をやれば。と思いましたがやる気が出ません(笑) そこで断食を少しづつ初めて慣らしていくようにしました。断食3段階作戦です。

断食3段階作戦

1先ず朝ごはん抜き断食を行います。

19時に晩ごはん > 朝断食 > お昼ご飯食べる > 19時に晩ごはん

これで食事と食事の間を17時間空ける事ができます。

成功させるコツ

朝ごはんを抜くのがポイントです。17時間の空白時間は、寝ている時間も含まれていますから楽勝です。

2 慣れて来たら思い切って1日断食を行います。

24時間の断食です。

成功させるコツ

断食=きつい! 私無理!と言う方もいらっしゃいますが平気です。人間は習慣で食事しているので、食べたくなるのは朝、昼、晩の食事の時間帯だけです。それを過ぎると全然平気です。走る事も出来ます。これは僕だけの意見ではなくて周りの人に聞いても皆同じ事を言います。またカラダと心が省エネモードになっている事を実感します。

3 3日断食、4日でもOK

僕の場合は、3日目で花粉症が出そうで出ない微妙なバランスを体が保ってました。だから完全スッキリではないですが、ぎりぎりのバランスでマスクもティッシュも薬も不要でした。

断食3段階作戦を終えてからは

朝ごはん抜き断食+毎週1日断食

その後も朝ごはん抜き断食を続け、僕は毎週月曜日に1日断食を行っています。このタイミングで腸内環境を良くするサプリとかファスティングを考えるのも良いかと思います。花粉症はときどき鼻水が出そうな感じですが、元の顔面崩壊レベル花粉症から比べれば快適そのものです。

3日断食、2回目やってみました。

花粉症は完全に収まりました。花粉症の「か」の字も感んじません! 言い換えるとそれぐらい消化器官は長年酷使されて疲れていたと言うことなのでしょうか?

骨盤力いいねマーク

断食のコツ&断食はきつくない!

よっしゃあ僕も断食やるぜ! とはやる気持ちを抑えて、断食のコツをまずはご紹介。

断食中は水だけです。良質の塩をときおり舐めても良いでしょう

水は僕は水道水です(フィルターは通してあります。フィルター交換も忘れずに)軟水、硬水のこだわりもありません。そして水は最低でも2リットルは飲みます。

人間は水と塩でできています。岩塩(内陸地でとれた塩)や海塩(海水からとれた塩)を一欠片(2〜3mm片)を口に含むと「まろみ」「こく」「あまみ」などが感じられて美味しいです。水に溶かして飲んでも良いです。とにかく良い天然の塩を摂りましょう。

太陽の光を浴びましょう

人間が生きていく上で大切なものは、水、塩、空気、そして太陽の光です。断食中は燦々と輝く太陽の陽光を浴びるようにします。お腹が空いたと部屋に閉じこもっていると気分が滅入ると思います。太陽の光を浴びましょう。花粉が怖い場合は室内からでも太陽の光は浴びれますね。

姿勢を良くしましょう

猫背はお腹を圧迫させます。お腹を休ませる目的の断食なのにこれではきついです。試しにお腹に手を当てて猫背になってみましょう。お腹が横に広がり圧迫されるのがわかります。

猫背で座る

頭を保護しよう

これは理由はわかりませんが、断食中は頭と首の後ろを保温すると調子が良いみたいです。フード付きのパーカーを使うと頭と首の後ろの両方を保温できて一石二鳥です。なおフード付きのパーカーは綿100%(できればオーガニックコットン100%)のものをおすすめします。静電気が発生しませんから。

体調と相談しながら無理はしない

これは当然ですね。あくまでも自己責任で無理せずに行ってください。

骨盤力いいねマーク

断食のここが嬉しい♪

お腹がグーっと鳴ると嬉しい。

モチリンというホルモンが布団を叩いてホコリを払い落とすように、胃壁を綺麗にしているサインだそうです。「おーモチリン来たか!」と微笑ましく思ってしまいます。そして大掃除した後の爽快感で嬉しくなります。

断食は辛くないと思えるようになってきた。

食べたくなるのは食事時だけです。人間は習慣で食べているのだなと改めてそう思います。お腹が空いて体が食べ物を要求しているのでは無い。ただ習慣で食べているそんな感じです。だからでしょうか食事時の時間が過ぎるとお腹は空きませんし、食べたい欲求も消えます。

食べ物を口に入れて噛んで味わい飲み込む。その瞬間は幸福です。しかし飲み込むと余韻を残して忘れます(加工食品ほど余韻が無いように思えます。)お腹が軽い、体が軽い喜びは持続します。そして本当にお腹が空いて食べると味覚がどんどん飛び込んでくる。その喜びを知ると断食は辛くなくなるのかなと思います。

親父の小言がありがたかった?

考えてみれば、腹八分目とか、よく噛んで食べなさいとか。姿勢をよくして食べなさいとか、小言のように言われていたことを出来てないツケが、花粉症となって消化器官の疲れを教えてくれているのかも知れませんね。

現代医学で治せないようなものって案外「しつけ」の部分が大きいのかなと思います。

動画2分16秒

82歳 いまさらこの年で・・・しかし

美しい姿に感動してくださり「私セルフケアやります!」と力強く言ってくださいました。そして1ヶ月にはさらに引き締まってくれたのです。

笑顔の女性すごい変化。私も体が歪んでいます。あやかりたいです。

松乃わなり 82歳の女性には、赤ちゃんの成長の順番でセルフケアをやってもらいまいた。目が動き → 手遊びし → ハイハイし → 寝返りをうって → 立っちする。

赤ちゃんは本能的に動く姿勢反射というものが多数(15種類?)備わっているそうです。これを利用したセルフケアは効率が良いのです。ちなみに、82歳の女性は今は92歳でお元気とのことです。

笑顔の女性 最初に美しくなるがポイントですね。嬉しくなってモチベーションあがりますね。

82歳の女性にお伝えした事を3日間で学べる動画セミナー

美しい姿勢を未来へ。これが私たちの理念。無料で公開しています。

1日目、どの方向から見ても美しく見える立ち方とは。

2日目、重力を味方につけて体幹を整えるには?

3日目、美然治癒力®とは? 美しく効率が良い体幹とは?

普段使っているメールアドレスを入力し確認ボタンを押してください。20秒以内にメールボックスにご案内を送ります⬇︎

関連記事

TOP