手軽な断食でお腹をブラック企業にしない方法

断食

手軽な断食

普段私たちは、食べ物にあふれた生活を送っています。喉元すぎればなんとやらで、食べた事は忘れますが、お腹はそれを一生懸命に消化吸収してくれています。

たとえばここに一つのお菓子があります。それをポイと口に放り込み、モグモグと噛んでごっくんと飲み込む。「あ〜美味しかった」で完結ですがお腹は違います。これからせっせと消化吸収を行うのです。何かで読んだのは、消化吸収はフルマラソンに近いエネルギーを必要とするとか?だからお腹が空く前からまた何かを食べてしまうと、お腹はず〜〜〜〜っと働きっぱなし状態になります。それが何年も何十年も続くとなると、お腹も大変です。僕がお腹だったら「たまには休ませろ!」って思います。休みなく働かされる。まさにブラック企業です。言い過ぎ?

「目次」

  1. 食は意外に大変ではない
  2. 実録、断食してこうなった応

 骨盤力学びの場「骨盤力矯正」 骨盤力学びの場「筋肉図鑑」 骨盤力学びの場「学んで活躍」 骨盤力学びの場「用語集」

骨盤力

1断食は意外に大変ではない事実

僕の断食のやり方は断食中はお白湯を飲むだけです。浄水器を通した普通の水道水です。「断食って辛くないですか?」と聞かれますが全然平気です。先月も3日半の断食を行いましたが普通です。フェイスブックの友達も同じような事を言っています。全然平気です。

腹が減ったから食事をしているのではない。習慣で食事をしている。

断食で痛感する事、それは私たちは習慣で食事をしている事実です。「お腹が空いたから食事にしましょう」ではなくて「お昼になったから食事にしましょう」これは自然界では人間だけの事なのでしょうか? どうでしょう? いずれにしてもお腹が空いたから食事をとるのと、時間になったから食事をするのでは大きな違いがあると思います。

そもそも私たちが腹一杯食事が出来る! なんていうのは長い人類の歴史の中でも今、この昭和〜平成のときだけの事でしょう。戦時中はもちろん、歴史をみても毎日腹一杯食べれていたのは一部の特権階級の方たちだけ。たとえば武士にしても、下級武士である三一侍「サンピン・ざむらい」は一年に三両一分で年収に換算すると32万5千円ほどで、毎日腹一杯食べるなど夢のまた夢だったようです。

そのようなわけで、少々食べなくても大丈夫です。そのように体は作られています。

結論 > 断食中も意外に腹は減らない。辛い?のは朝、昼、夜のご飯の時間帯だけ。習慣だから。なのでその時間を過ぎると全然平気になります。

消化吸収。それがず〜〜〜〜っと続くとなると、お腹も大変!そう思うのです。お腹の声を代弁するのなら「たまには休ませろ!」

そんなわけで、いつもモグモグ食べているとその方のお腹の環境はブラック企業と同じではなかろうかと思います。やはりお腹も休ませなければ。それが体質改善にもつながるのだと思います。

骨盤力

2実録、断食してこうなった

僕の断食は上のイラストに書いたように、毎朝の食事はいただきません。前の晩は結構暴飲暴食をしますし酒(ビール、焼酎、ウイスキー)もかなり飲みます。そのまま酔いつぶれることもよくあります。

そして朝は何も食べない。そのままお昼ご飯です。この時点で前日の飲み食いから12時間は経過していますから完全に消化吸収は終えてないようですがそれでもお腹は小休憩は出来ると思っています。

朝ごはんを食べた方が良い。という考えもあります。色々な主張がありますが、一貫していることは「breakfast」「fast(断食)」を「break(打ち破る)」という考え方で、昨晩食べてから12時間ほど経過しており、適正な栄養を補給しなければ午前中に持たないよ。という意見がです。しかしそれも昨晩の19時の夕食から翌朝の7時に朝ごはんまでで12時間お腹を休ませての事です。寝る間際にモグモグしたり酒を飲んだりしていたら朝ごはんを食べた方が良いの主張は破綻するのでは・・・

ともかく、毎朝朝ごはん抜きの断食を行い、お昼は腹が減った〜〜〜〜の感覚でお昼ご飯を食べるようにしています。そして1週間に一回、丸一日の断食を行います。

前日の夜、普通に飲んで食べる。 > 翌朝、断食 > 昼、断食 > 夜、断食 > 翌朝、断食 > お昼、和食を中心とした食事(これがまた美味いのなんの♪)つまり丸一日の断食ですが30時間はお腹を休めた計算になります。

花粉症が楽になった

これはかなり楽になりました。もともと僕はアレルギー体質で花粉症はそれはもう酷かったです、顔面崩壊レベルでしたが、今も花粉が多いときは市販の薬を飲んではいますが、それはもう劇的と言って良いほど楽です。

骨盤力・整体スクール学べる123 骨盤力に興味がある方へ

歪みや痛み不調の相談を受けて「大丈夫、私にまかせて!」と言えるようになりたい方へ。高度な内容をレベルを落とさず、分かりやすく学び体験できます。その場で歪みが取れていくからでしょうか満員御礼が続く骨盤力の勉強会です。詳しく見る>>>


関連記事

  1. 女性

    体温を上げる骨盤矯正。姿勢、骨盤、歩き方など7つのポイント

  2. 骨盤の4つの動き

    腰痛の種類 / 骨盤力・整体ガイド

  3. 肩こり

    肩こりや偏頭痛も寄せ付けないセルフケア

  4. 肩甲骨はがしの動画

    肩甲骨はがしのセルフケア。1分動画でご紹介。

  5. 水中での腰痛の体操

    椎間板ヘルニアと姿勢の関係。特にプールで水中を歩くのは危険で…

  6. 姿勢がもつ魔法の力

    姿勢が持つ魔法の力に頼ってみては


お名前

メールアドレス



推薦をいただきました

  • 東京大学名誉教授、医学博士東京大学名誉教授・医学博士先生
  • 東京大学名誉教授、工学博士東京大学名誉教授・工学博士先生
  • 医学博士 医学博士先生
  • 推薦のメッセージ>>>
  1. O脚の歪みパターン

    2018.12.11

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因とは…

  2. 赤ちゃん

    2018.12.06

    不妊治療に取り組む産婦人科に骨盤力が採用されました

  3. 子どもと家族が食卓を囲む「なんで姿勢を良くしないといけないの?」

    2018.12.06

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  4. 猫背の子ども

    2018.12.06

    背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背にな…

  5. 正しい姿勢の子ども達

    2018.12.06

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  6. 三重県志摩で骨盤力スクール

    2018.12.05

    三重県と和歌山県で骨盤力のスクールは美味しいものが多くて…

  7. 肩甲骨の動き

    2018.12.04

    肩甲骨の6方向の動き方を理解して首〜肩の整体に活かそう

  1. 骨盤力・整体スクール辞書

    2018.09.23

    整体を学ぶときに暗記中心の勉強はやめましょう

  2. PNF治療ライン

    2018.11.03

    脱!ビギナー整体師!玄人になるための6つのポイント

  3. 骨盤力ダイエット

    2015.07.16

    ダイエットが続かない理由とは?

  4. 肩こり

    2018.10.27

    肩こりや偏頭痛も寄せ付けないセルフケア

  5. 肩甲骨の動き

    2018.12.04

    肩甲骨の6方向の動き方を理解して首〜肩の整体に活かそう

  6. 骨盤力・整体スクール辞書

    2018.11.03

    筋肉の収縮と動き方は整体師として最低限知っておきたい。

  7. 女性

    2018.12.04

    体温を上げる骨盤矯正。姿勢、骨盤、歩き方など7つのポイン…