Pro 体の歪み解決ガイド

全国〜海外から学びに来てくれている骨盤力スクールの受講生。より質の高い学びのために情報を共有しています。見られる緊張感を持つためにも、さらに整体業界のレベルアップのためにあえて公開しています。

骨盤力学びの場「骨盤力矯正」骨盤力学びの場「筋肉図鑑」 骨盤力学びの場「学んで活躍」骨盤力学びの場「用語集」

骨盤力

骨盤、体幹、姿勢の歪み

骨盤力矯正 そもそも骨盤矯正って何? 

人間の体はテコの原理で動いています。ところがそれは効率の悪いテコなのです。そのために何かのきっかけで動きの効率が悪くなります。これを効率的に動けるようにするのが骨盤矯正です。詳しく見る>>>

動画マーク 足の長さが違うは意味なし

骨盤矯正の定番「脚の長さが違います!」やはり長い方の足に合わせて欲しいですよね。しかし長い方が狂っている場合もありますし、結論から言うと足の長さの違いは心配しなくて大丈夫です。足の長さを詳しく見る>>>

骨盤の側方傾斜と水平回旋、マリリンモンロー 骨盤の歪みは何が歪んでるの

そもそも骨盤は歪みません! もしも骨盤が本当に歪んだらそれはもう緊急入院の世界です。では骨盤が歪んでいるとは一体どのような状態なのでしょうか?骨盤の歪みを詳しく見る>>>

骨盤力 O脚の原因とは

猫背を治さないO脚矯正は絶対にありえません!言い換えると猫背を治すとO脚は自然と揃い始めます。その鍵を握るのは骨盤の重心と猫背、重力です。O脚の原因を詳しく見る>>>

O脚の歪みパターンO脚矯正しても元に戻る原因

せっかくO脚を矯正して美脚にしたのに元のO脚に戻ってしまう。それは脚だけを見ているからです。O脚は全身の姿勢の歪みの結果なので全身を見る必要があります。せっかくのO脚矯正が元に戻ってしまう7つの原因とは>>>

骨盤が開いた状態バストアップ&デコルテ

正しく立って前足を半歩前に出します。後ろ足に6割位体重をかけ後に寄り掛かるような姿勢をとり肩の重さで肩甲骨が背骨側に寄るように意識します。鎖骨に程よい緊張感が生まれます。バストアップとデコルテを詳しく見る>>>

首筋とデコルテライン 首筋,喉元のシワ

頭は重いのでどうしても下向きの姿勢になり重力と姿勢の影響を受けやすいのです。見た目年齢に直結する首筋、喉元のシワは骨盤力で姿勢の土台を作り撃退しましょう。首元、喉元のシワを詳しく見る>>>

背中と骨盤力 肩甲骨を最適の位置に

肩甲骨を最適に位置に矯正するには骨盤から整える必要があります。なぜなら骨盤力が低下すると前傾姿勢になり肩甲骨は外側や上に変位するからです。肩甲骨の位置を詳しく見る>>>

アナトミカルポジション アナトミカルポジション

アナトミカルポジションとは解剖学的立位。レントゲン撮影もこの姿勢で撮影するようにありのままに写ります。1ランク上の姿勢矯正の鍵です。アナトミカルポジションを詳しくみる>>>

作業位作業位とは姿勢矯正で大切

作業位とは肩の力が抜ける唯一のポジションです。肘が軽く曲がり、脇に卵をはさんでも落ちない、割れない角度です。肩に力が入ってないために繊細な手作業が可能になります。作業位を詳しく見る>>>

骨盤力

機能美

猫背の立ち方 骨盤が緩むとは?

骨盤が緩んだとは骨盤底筋が緩んだ状態でお尻も緩みます。(骨盤が開いたとは同じ意味です。)骨盤底筋とはお尻の周りにあって内臓を支える筋肉です。骨盤に緩みを詳しく見る>>>

骨盤の4つの動き 骨盤をフルに動かし機能美を

機能美とは美しい姿勢であり効率の良い体。そのためには要となる骨盤が大切。骨盤で歩く練習で股関節を積極的に動かし骨盤をフルに動かしましょう>>>

 体温を上げる骨盤矯正とは

骨盤矯正で姿勢を整え肩甲骨の位置を正しい位置に戻し、しっかりと筋肉を使って歩く。熱を生産しますから体温を上げることにもつながるでしょう。体温と骨盤矯正を詳しく見る>>>

動画マーク ハイヒールで階段が楽しくなる

つま先が折れ曲がる、骨盤を閉じる、足のグリップ力、スムーズな股関節。この4つを整えます。骨盤力の回復も加わってハイヒールで階段が楽しくなります>>>

やせる体質 姿勢と睡眠の関係

姿勢が悪いと寝ても疲れがとれにくい? 悩み事や忙しいなど睡眠の問題はいろいろでしょうが姿勢と睡眠に焦点を絞って考えてみました>>>

骨盤力

ダイエット

猫背 ダイエットを骨盤力で効率化

運動ラインという最もパフォーマンスの高い角度の動きができるようになり筋肉が効率よく働きます。代謝の多くを筋肉が使っているためにダイエットの効率化も上がる事が期待できます。詳しく見る>>>

手指と脇が開く閉まる 二の腕を引き締める

骨盤力が低下し姿勢が崩れると肩甲骨は外側に広がり脇は開いてしまい二の腕の緊張は緩みます。逆に手のひらを前に向けると脇は閉まり二の腕も締まっていきます。二の腕引き締めを詳しく見る>>>

姿勢 小尻矯正

足〜脚〜腰までをいかに安定させるかが小尻矯正のために大切です。足腰が不安定だと横に広がって安定させようとするからです。カメラの三脚と同じです。小尻矯正を詳しく見る>>>

動画マーク ウエストのくびれ

ウエストは横に広がり、縦に伸びるのが正常です。しかし猫背などの悪い姿勢ではウエストの縦の伸びは出来にくくなってしまいます。骨盤力を回復させ腹筋のV字型テンションがポイントです。詳しく見る>>>

骨盤力

腰痛、骨盤、股関節

骨盤の4つの動き 腰痛の種類

腰痛の種類。代表的な疾患名を分かりやすく分類しました。臀部を除く下肢に傷み、シビレ、倦怠感、運動麻痺、などの愁訴を訴える物は坐骨神経痛として別に扱うことにしています。詳しく見る>>>

水中での腰痛の体操 椎間板ヘルニアと姿勢の関係

椎間板ヘルニアと姿勢は関係がとても深く、骨盤が前傾し腰椎のカーブがきつくなると椎間板ヘルニアの危険性は高まります。それが顕著に出るのがプールでの水中歩行です。詳しく見る>>>

動画マーク 高齢者の腰痛の整体

70歳の女性。ブロック注射しかない腰痛と言われたそうです。背骨も胸椎から側弯してしまいまっすぐに立つことも困難で意気消沈しておられました。詳しく見る>>>

動画マーク ハムストリング筋肉離れ

ハムストリング筋肉離れはダッシュ、スタートを激しく行なうときに起こしやすい障害です。ハムストリングのなかでも主に大腿二頭筋にそれが発生しやすいようです。詳しく見る>>>

骨盤力

肩、首、腕の痛み不調

動画マーク 肩甲骨はがしのセルフケア「動画」

肩甲骨はがしをセルフケアでやる方法の動画(1分)です。肩は後ろ回しにして肩を入れ呼吸を合わせ息を吐きながらゆっくりと腕を動かしましょう。詳しく見る>>>

肩こり 肩こり

肩こりの始まりは足元から始まります。骨盤力が低下し重心が腰高になり転びやすくなります。自然と身構える姿勢。前傾姿勢になり肩を緊張させます。これが肩こりの始まりです。詳しく見る>>>

肩こり 肩こりがヒドイ

肩こりがヒドイです。肩こりがツラい時は偏頭痛も出ますし胃がムカムカして吐き気までします。マッサージや整体に行ってもその時だけです。どうしたら良いでしょうか?詳しく見る>>>

骨盤力

整体師の基礎知識

動画マーク 脱!ビギナー整体師!

筋肉の固くなったところをほぐすだけなら電動マッサージチェアで十分でしょう。しかし人間は動きます。さらに動き方にはパターンがあります。ビギナー整体師が上級者になるためのポイント。詳しく見る>>>

動画マーク関節の動き(屈曲、進展など)

解剖学などの本を読んでると必ず出てくるのが「屈曲」とか「伸展」といった専門用語。上腕を「伸展して内転させ、内旋させる」などとなると???となってしまう。詳しく見る>>>

美然治癒力 美然治癒力を引き出す整体

最初に美しい姿勢になる > 気持ちも高まる。このスタートダッシュが一番大切です。モチベーションが違いますから。そして姿勢の力を借りて自然治癒力がより高まるという考え方が美然治癒力です>>>

辞書 筋肉の基礎、収縮、動き

筋肉の基礎と収縮、動き。筋肉の形の種類。筋肉の収縮についての基礎知識をご紹介。整体師はとくに筋肉の収縮と働きはしっかりと理解しよう。詳しく見る>>>

辞書 骨格の基礎

整体師として最低限知っておきたい骨格の種類や基礎知識。関節の基本構造。可動関節の種類をまとめました。詳しく見る>>>

辞書 関節稼働域

整体師として最低限知っておきたい主な関節の標準稼動域(動く範囲)をまとめました。標準の角度を知っていると整体や体幹の動かし方の指導でとても役立ちます。詳しく見る>>>

パーツ別の解剖学

動画マーク 背骨の構造

整体師として最低限知っておきたい(背骨、脊柱)(仙骨と尾骨)(頚椎、胸椎、腰椎)腰椎と骨盤の連動運動の原則をまとめました。詳しく見る>>>

辞書 肩甲帯の構造

ときに力強く腕を動かしときにリズミカルに腕を動かす。その動的安定性を肩甲帯が担っています。肩甲帯について整体師として最低限知っておきたい知識をまとめました。詳しく見る>>>

肩甲骨の動き 肩甲骨の6方向の動き方

肩甲骨の動き方を実感するちょっとしたコツは鎖骨の下に指をあててから肩甲骨を各方向に動かしてみると実感しやすいです。肩甲骨は鎖骨の下部分の胸鎖関節を中心に動くからです。 肩甲骨の6方向の動き方>>>

辞書 肘~手の構造

肘~手の構造 はヒザと同様に関節から下側には2本の骨が存在することが特徴です。3つの関節面が共通の関節包に包まれていることから「複関節」と呼ばれています。詳しく見る>>>

辞書 骨盤の構造

骨盤は体幹を下支えする土台のような役目がありますが仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節があるだけでその他は筋肉と靭帯だけで支えられています。そのため不安定な部分とも言えます。詳しく見る>>>

辞書 膝とクレーンの構造

膝の解剖学はビルの建設に大活躍のクレーンを見るとヒントになりますよ。街に出たら工事中のビルを見上げてみよう。詳しく見る>>>

足の骨の図足と足首の動き方

体重を支えることと、重心位置の移動で前に進むことがことが足と足首の主な役目で、整体でもとても重要です。なぜなら姿勢の土台となる骨盤力は足から始まるからです。足と足首の動き方を詳しく見る>>>

骨盤力・整体スクール学べる123 骨盤力に興味がある方へ

歪みや痛み不調の相談を受けて「大丈夫、私にまかせて!」と言えるようになりたい方へ。高度な内容をレベルを落とさず、分かりやすく学び体験できます。その場で歪みが取れていくからでしょうか満員御礼が続く骨盤力の勉強会です。詳しく見る>>>



お名前

メールアドレス



推薦をいただきました

  • 東京大学名誉教授、医学博士東京大学名誉教授・医学博士先生
  • 東京大学名誉教授、工学博士東京大学名誉教授・工学博士先生
  • 医学博士 医学博士先生
  • 推薦のメッセージ>>>
  1. O脚の歪みパターン

    2018.12.11

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因とは…

  2. 赤ちゃん

    2018.12.06

    不妊治療に取り組む産婦人科に骨盤力が採用されました

  3. 子どもと家族が食卓を囲む「なんで姿勢を良くしないといけないの?」

    2018.12.06

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  4. 猫背の子ども

    2018.12.06

    背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背にな…

  5. 正しい姿勢の子ども達

    2018.12.06

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  6. 三重県志摩で骨盤力スクール

    2018.12.05

    三重県と和歌山県で骨盤力のスクールは美味しいものが多くて…

  7. 肩甲骨の動き

    2018.12.04

    肩甲骨の6方向の動き方を理解して首〜肩の整体に活かそう

  1. 広背筋、筋肉「動画辞典」

    2018.10.22

    広背筋(こうはいきん)の動きや、姿勢の歪みの関係を動画で…

  2. 骨盤力フェスタ

    2018.11.30

    学級崩壊!集中できない子どもと姿勢、猫背

  3. 姿勢

    2018.11.15

    小尻にならない原因はカメラの三脚と同じ原理です。

  4. ハムストリングス「筋肉・動画辞典」

    2018.10.09

    ハムストリング筋肉離れ / 骨盤力・整体ガイド

  5. 足の長さが違う。骨盤が歪んでいる?

    2018.11.12

    骨盤矯正で足の長さが違うと言われました。> 気にしなくて…

  6. 整体師の5つの壁

    2018.11.26

    整体スクール卒業後の5つの壁を知って、本格的なプロの整体…

  7. 「骨盤力」整体&ストレッチスクール

    2018.09.27

    整体を学ぶ5つの方法とポイントと整体スクールの選び方