ふくらはぎ外側の歪み矯正「後編」

    歪み,痛み

    ふくらはぎ外側の歪み矯正「後編」

    前編に戻る

    4コマガイド、ふくらはぎ外側の歪み矯正。前編に戻る>>>

    もっと詳しく

    ふくらはぎ外側の歪み、4コマガイドの補足

    セフル骨盤矯正で整える。

    ふくらはぎの張り出しが多い方の多くが骨盤後傾です。そこで短い側(下イラストでは右)の太ももの下にクッションを差し込みます。このときに股関節(大転子)よりもお腹側にクッションを入れないようにします。この体勢で骨盤が前に傾くようにし3分間。

    松乃わなり 執筆者 松乃わなり 骨盤力®の開発者、冒険家。プロフィール>>>

    脚の長さをセルフケアで矯正する

    骨盤力いいねマーク

    ふくらはぎ外側の歪み、4コマガイドの補足

    足を徹底的にほぐします。

    特に赤いラインの部分は徹底的に。特に足の指が階段状に折れ曲がる事はとても重要です。これが足のグリップを決めるからです。しっかりと地面とグリップしているから正しく立つ事ができます。

    足と足の構造、グリップ

    骨盤力いいねマーク

    ふくらはぎ外側の歪み、4コマガイドの補足

    腰痛はふくらはぎの大敵。

    腰痛ストレッチさらに骨盤力をもっと詳しく知りたい

    ふくらはぎの歪みは角度の問題

    ぜい肉ではありません。股関節〜脚の角度の問題です。

    イラスト参照。脚全体が矢印の方向にねじれているために、本来は真後ろにあるべきものが横に見えているだけです。そのため角度を変えてあげれば、ふくらはぎの外側への膨らみのコンプレックスは解消されていきます。

    O脚とふくらはぎ
    骨盤力いいねマーク

    ふくらはぎの角度が狂う理由

    骨盤が開き不安定になった体を安定させるためです。

    土台が不安定では人間は安心して立つことができませんので必ず肩に力が入ります。するとますます骨盤は開いてしまう悪循環に入ります。足腰は緩み歪みこれがO脚の根本原因です。

    さらに、ふくらはぎが外側ん張り出すのは膝の使い方も関係しています。骨盤が開いてしまい骨盤が不安定となって膝を伸ばすことが出来なくなった結果が、ふくらはぎの外側への張り出しの原因です。

    悪い姿勢はヒザが曲がります。

    *写真右端はヒザは伸びているように見えますが、上半身の重さが膝蓋骨に直接乗るような感じで曲がっています。

    骨盤の前傾後傾

    ヒザが曲がり重心が高くなります。

    不安定に立っているものを安定して立たせるにはカメラの三脚のように腰から下を外側に広げた方が安定します。これがO脚、ふくらはぎの歪みの根本原因です。

    カメラの三脚 骨盤力ビフォーアフター
    骨盤力いいねマーク

    ふくらはぎ外側の歪み、骨盤力の応用

    小学生のO脚矯正の事例です。きちんと立ててないので足の外側に荷重がかかっていて骨盤はやや前傾姿勢になっていました。4コマガイドに沿って行いました。一回で完了です。肩、肩甲骨がまだ残っていますが良い感じです。

    骨盤力のビフォーアフター

    花子さん45歳。骨盤の歪みに悩み続け、整体やエステに通ううちに、これを仕事にしたいと思いだした。しかし・・・

    私はコツコツと学ぶことは好きです。でも営業や集客が苦手で、活躍のイメージが湧きません。

    松乃わなり僕も集客は苦手でした、口下手で無口だし

    僕は福岡の炭鉱町で生まれ22歳まで気の荒い男どもに囲まれて過ごしました。だからでしょうか、気の利いた会話などは無理で、これが営業や集客のネックになっていた。と思っていました。

    でもそれは僕の勘違いでした>>>

    関連記事

    TOP