O脚矯正してもすぐ元に戻る5つの原因

歪み,痛み

O脚矯正してもすぐ元に戻る5つの原因

ここがポイントせっかくO脚矯正したのに元に戻ってしまう(泣)それは脚だけを見ているからです。O脚は姿勢の歪みなので、全身を見る必要があります。

せっかくの美脚が元に戻ってしまう5つの原因を考えていきましょう。

松乃わなり 執筆者 松乃わなり 骨盤力®の開発者、冒険家。プロフィール>>>

矢印

1

猫背で歩いている

猫背では下イラスト左のように体軸(体幹の軸)にテンションが発生しません。

体幹

このテンションを利用した歩き方が出来なくなるので、膝を伸ばして歩くことが出来なくなります。下イラスト左。

体軸

重要膝が伸びるは美脚にとって最重要。それが猫背で出来なくなっているのです。

猫背の歩き方(動画で比較)

矢印

歪み

2

太腿の外側が張っている

下イラスト赤い部分は腸脛靱帯と言って、歩くときに脚がブレずに真っ直ぐに出るガイド板のような役目をします。ここが硬く張って脚を歪めていきます。

大腿筋膜張筋〜腸脛靭帯

太腿の外側、パンツのポケットの下辺りに手を添えてへっぴり腰になってみると、緊張するのが分かります。

緊張の原因はへっぴり腰。重心が腰高でバランスをとるために、太腿の外側が緊張するのです。そしてガイド板の役目が機能しなくなり脚は歪んで行きます。

へっぴり越しの原因、骨盤の開き

へっぴり腰は骨盤が開いていることで起こる姿勢です。

お尻が緩んでいることで、お尻が垂れます。垂れたお尻とバランスを取るために肩が巻き肩になります。

さらにこの姿勢では膝を軽く曲げないと歩くことが出来ないので、さらに骨盤は開いてしまい・・・と悪循環に入ります。

骨盤が閉じる、開く

矢印

3

足のグリップが低下

足の裏が硬い、足の指が痛い、扁平足、靴のすり減り方が偏っているなど、足のトラブルは不安定な姿勢に直結します。

たとえばスケート初心者

ツルッと滑って怖いので、肩に力が入り脚を横に広げて転ばないように構えます。すると股関節は外側に広がるように捻れます。(股関節の外旋)

スケートと猫背

スケート初心者は極端な事例ですが、足に問題があるとじわじわと脚の歪みにつながっていきます。

23年間の経験からO脚やX脚など脚が歪んでいる方はほぼ100%足にトラブルを抱えています。

足元が不安だどなぜ足を広げて立つの?

人間は重たい頭が一番上にあります。重たいものが一番上にあるのは不安定です。たとえばカメラの三脚。

倒れるのを防ぐには足を広げて立つしかありません。

カメラの三脚

矢印

4

骨盤の角度が正しくない

O脚は骨盤が前傾しています。下イラスト右端(ガニ股O脚は後傾)

そこで骨盤の角度を矯正しますが、目安は腰と壁の隙間が手のひら一枚が良いと言われています。しかしここが問題です・・・

骨盤の前傾後傾

重要骨盤の角度を測る手法に、腰と壁の隙間は手のひら一枚が適正というものがあります。

腰と壁の隙間

しかしそれって本当なのでしょうか?

手のひら一枚の幅はあくまでも目安であって絶対ではありません。個人差があります。

判で押したように腰と壁の隙間は手のひら1枚!とやってしまうことは注意が必要です。逆に骨盤が緩んでしまう場合もあります。

骨盤の角度矯正は手のひら一枚ではなくて、足腰にもっとも力が入る状態で行います。動画。

矢印

5

お尻の隙間を見逃している

お尻部分にできる逆U字型の隙間です。下写真の左。この隙間でお尻は大きく見えてしまいます。

骨盤力のビフォーアフター

脚が細いから隙間ではなくて、股関節が外向きにねじれているから隙間が空いているのです。

お尻部分にできる逆U字型の隙間は要注意です。

プロ向け。逆U字型の隙間の原因の見つけ方

股関節と骨盤の動く方向を調べます。スムーズに動かない方向を見つけ出しストレッチなどで改善していきます。

股関節と骨盤の動く方向は違います。別々に分けて調べていきましょう。

股関節の動き

股関節6方向の動き

骨盤の動き

骨盤4方向の動き

矢印

まとめ

O脚などの脚の歪みは姿勢の歪みです。だからこそ全身を見る必要があります。姿勢矯正=O脚矯正なのです。批判を恐れずに書くと、歪んだ脚をベルトで縛りつければ良いというものではないのです。

スクール

関連記事

松乃わなり,著書

推薦をいただきました

TOP