足と足首の動き方。整体師として最低限知っておきたい解剖学

足の骨の図

足首の動き方

足は26個の骨と19の大きな筋肉、多数の小さな筋肉、100以上の靭帯によって作られています。体重を支えることと、重心位置の移動で前に進むことがことが足と足首の主な役目で、整体でもとても重要です。なぜなら姿勢の土台となる骨盤力は足から始まり、足と足首が動きの始まりだからです。知れば知るほど奥が深い足と足首。整体師として理解を深めましょう。

「目次」

  1. 足の骨と関節
  2. 足の反力と足のアーチ
  3. 足首の動き方

骨盤力学びの場「骨盤力矯正」骨盤力学びの場「筋肉図鑑」 骨盤力学びの場「学んで活躍」骨盤力学びの場「用語集」

骨盤力

足の骨と関節。

指骨(しこつ)

足の指を構成する骨の総称です。DIP関節、PIP関節、IP関節、MP関節でつながっています。この関節が階段状に折れ曲がることで地面とのグリップを確保します。推進力を生み出し、膝を伸ばして骨盤を締めるために重要です。

中足骨(ちゅうそくこつ)

足のアーチを作る骨でもあり荷重がかかり分散させるために捻挫や疲労骨折など負担をかけやすい部分のようです。

足根骨(そっこんこつ)

歩く時にブレーキをかける部分で、足アーチの起点となる部分の骨の集まりです。体重は踵と足指の手前で受け止め体重と同じ力が地面から反力として返っていきます。

DIP関節

爪の少し手前にある関節です。動きは伸展で10度程度、屈曲で30度程度。動かなくなっているケースはよく見かけます。

PIP関節

足の親指を除く4本指にある関節です。MP関節部分にグッと力が入るとこのPIP関節は上から見ると上に飛び出すように屈曲します。そして指先端のDIP関節は反るような形で伸展し階段状の指の形を作ります。これが足のグリップを生み出します。

IP関節

親指にのみあります。歩くときに前足にかかる荷重を受け止め、その後の重心移動で地面を親指で蹴って歩くために重要な部分です。しかしこのシステムは次の3点で機能しなくなります。

  • 姿勢が悪い。
  • 膝の使い方が外側、内側など間違っている。
  • 外反母趾

MP関節

足のアーチと足の指を結ぶ重要な部分でここがよく動き背屈すると太ももの全面(大腿四頭筋)に力が入ります。足背反射。よく履き込んだ革靴にはつま先部分にシワが入りますがIP関節が作り出しています。

リスフラン関節とショパール関節

足のアーチを踵骨や距骨、楔状骨、中足骨とともに作ります。足のアーチは鉛筆を土踏まずで踏んでみてゆとりを感じられることが大切です。

足の骨の図

参考 > 身体運動の機能解剖(医道の日本社)

骨盤力

足の反力と足のアーチ。

足反力

上からの衝撃を受けそれの反発として、地面からも衝撃を受けます。これを「足反力」と言います。上からの衝撃は体重と、歩く時の加速度が加わった動加重です。これは主に骨を通して足にやってきます。そして、スネの筋肉と、フクラハギの筋肉を通って上に反力として返って行きます。

スネの筋肉と、フクラハギの筋肉を通って上に反力として返って行く。この時に衝撃を吸収するのは筋肉と、ヒザ、股関節、背骨、肩甲骨、肘です。特に、第一通過点であるヒザとヒザのお皿(膝蓋骨)には大きな力が加わります。ヒザのお皿に加わった力は、太ももの前面の筋肉を通じて腰や背中に分散されます。

sisei-003

静加重(体重)動加重(歩く、ランニング時の加速度)は脚の骨を伝わって足のアーチで受け止めます。

足のアーチで受け止めた加重は、スネやフクラハギの筋肉を伝わって腰に戻ります。これを足反力といいます。この足反力に足のアーチが弱いなどで過剰な力が加わると、脚の筋肉はダメージを受け、脚のラインは崩れます。

 骨盤力・整体スクール

参考 > 図解スポーツコンディショニング(大修館書店)

骨盤力

足首の動き方。

足首は横には動かない。

  • つま先を反らすとつま先は左右に動きにくくなる。
  • 逆につま先を伸ばすとつま先は左右に動きやすくなる。

足首はスネの骨(腓骨と頸骨)が距骨をしっかりと押さえ込んでいる構造になっているので横方向には動かないようになっています。これによって横方向のブレを押さえることができ、また捻挫も未然に防ぐ事ができます。

青山・指針整体スクール

足首、反力を返しつつ足首を自在に動かすための工夫。

足首は底背屈はよく動き、左右横方向は動く範囲が狭いです。腓骨と脛骨が距骨をがっちりと抑えこんでいます。これによって足首の底背屈の動きは出来ても横方向には動きにくくしています。横方向の良く動いてしまうと捻挫の危険性が高まるからでしょうか?

でこぼこの道を歩く時に接地面責を増やす工夫?

距骨の前方が広がっているために足の背屈では足は左右に動かしにくくなります。逆に距骨が前方では広がっているために足の底屈では左右に動きやすくなっています。でこぼこの道を歩く時に接地面責を増やす工夫でしょうか?

足首の動き

  • 足関節の背屈 45度
  • 足関節の底屈 20度
  • 横足根間関節と距骨下関節の外反(足の小指側を持ち上げる動き)腓骨と脛骨と共同でわずかに動きます。
  • 横足根間関節と距骨下関節の内反(足の親指側を持ち上げる動き)腓骨と脛骨と共同でわずかに動きます。

小さな面積の足は体を支え、重心移動で歩き、凸凹道でも安定させる実に素晴らしい工夫があるのですね。すごいぞ足!

踵はやさしくホールド、MP関節は自由に動かせる。

踵周辺の足根骨群は固く密着。踵をしっかりとホールドさせます。この時にくるぶしにストレスが加わると足首の動きは制限がかかってしまうので注意です、靴選びのポイントの一つにしておきましょう。

中足骨、趾骨はよく動くようにメンテナンスが必要。特にMP関節部分は必須です。この部分がしっかりと曲がると、太ももの筋肉が使われるからです。とくに太ももの前面の筋肉は身体の動きにブレーキをかける役目をします。さらには身体を上下に動かすときにも活躍するので、その太ももが良く動けるように、MP関節周辺はフレキシブルにしておきましょう。

青山・指針整体スクール

参考 > 図解 四肢と脊椎の診かた(医歯薬出版)

骨盤力・整体スクール学べる123 骨盤力に興味がある方へ

歪みや痛み不調の相談を受けて「大丈夫、私にまかせて!」と言えるようになりたい方へ。高度な内容をレベルを落とさず、分かりやすく学び体験できます。その場で歪みが取れていくからでしょうか満員御礼が続く骨盤力の勉強会です。詳しく見る>>>


関連記事

  1. 整体安全のススメ

    今だから語れる全国の整体師さんからの投稿体験談。整体師安全マ…

  2. 骨盤力・整体スクール辞書

    肩甲帯(肩甲骨と鎖骨)の機能は整体師として最低限知っておきた…

  3. トレンデレンブルグ徴候、デュシェンヌ徴候

    歩くときお尻の筋肉が重力に負けるトレンデレンブルグ徴候、デュ…

  4. 整体安全のススメ

    冷や汗体験談、僕の実体験。整体師安全マニュアル。

  5. 整体安全のススメ

    情報共有で整体の事故を未然に防ぐ。整体師安全マニュアル。

  6. 骨盤力・整体スクール辞書

    骨格の構造、可動関節の種類は整体師として最低限知っておきたい…


お名前

メールアドレス



推薦をいただきました

  • 東京大学名誉教授、医学博士東京大学名誉教授・医学博士先生
  • 東京大学名誉教授、工学博士東京大学名誉教授・工学博士先生
  • 医学博士 医学博士先生
  • 推薦のメッセージ>>>
  1. O脚の歪みパターン

    2018.12.11

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因とは…

  2. 赤ちゃん

    2018.12.06

    不妊治療に取り組む産婦人科に骨盤力が採用されました

  3. 子どもと家族が食卓を囲む「なんで姿勢を良くしないといけないの?」

    2018.12.06

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  4. 猫背の子ども

    2018.12.06

    背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背にな…

  5. 正しい姿勢の子ども達

    2018.12.06

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  6. 三重県志摩で骨盤力スクール

    2018.12.05

    三重県と和歌山県で骨盤力のスクールは美味しいものが多くて…

  7. 肩甲骨の動き

    2018.12.04

    肩甲骨の6方向の動き方を理解して首〜肩の整体に活かそう

  1. 肩甲骨はがしの動画

    2018.10.19

    肩甲骨はがしのセルフケア。1分動画でご紹介。

  2. 骨盤が開いた状態

    2018.11.30

    姿勢、体、心はつながっていると思える3つの現象

  3. 広背筋、筋肉「動画辞典」

    2018.10.22

    広背筋(こうはいきん)の動きや、姿勢の歪みの関係を動画で…

  4. 大腿膜張筋と腸脛靭帯

    2018.11.19

    大腿筋膜張筋はウオーキングでフラフラせずにまっすぐ歩くた…

  5. 骨盤力成果報告会

    2018.09.03

    骨盤力成果発表会、開催しました! 北九州チームは素晴らし…

  6. 2018.03.02

    太鼓でドン!神洲太鼓の小路美保さんは骨盤力でさらに活躍

  7. 骨盤の4つの動き

    2018.10.13

    骨盤と股関節を全方向フルに動かし機能美を手に入れる方法