足のケアでNG行為3選

歪み・姿勢・引き締め

足のケアでNG行為3選

@wanari_m

足のケアでNG行為3選特に1番目と3番目はよくあるケースでトラブルも多いので要注意です。1つま先を内側にねじる。2くるぶしを強めに刺激。3間違ったタオルギャザー。#足のケアの間違い #つま先を内側にねじる #くるぶしを強めに刺激 #間違ったタオルギャザー

♬ オリジナル楽曲 – 骨盤力の専門家「わなり」 – 骨盤力の専門家「わなり」

つま先を内側にねじる

足をつりやすくなります。特に椅子に座ってやるのは要注意です。椅子に座ることで股関節の動きが制限させるからです。

内側にねじっても良いけど、必ず外向きにねじって終わりにしましょう。

足

くるぶしを強めに刺激する

足首の動きが悪くなります。ジャンプすると高さが違うので分かるかも。でも大丈夫。踵をコンコンと10回程度叩くと元に戻ります。内側、外側のくるぶし。両方ともです。

間違ったタオルギャザー

浮指の予防にはなります。しかしこれだけだと巻き指(屈み指)(ハンマートウ)になって踵重心、揺れ始めます。疲れる、転ぶなど危ない。

足

タオルギャザーやった後は指を階段状に動かします。下イラストの足指の階段状の角度に注目です。

足と足の構造、グリップ

この角度が自然に出来るようにしましょう。この角度が足のグリップを生み出します。

矢印

花子さん45歳。骨盤の歪みに悩み続け、整体やエステに通ううちに、これを仕事にしたいと思いだした。しかし・・・

私はコツコツと学ぶことは好きです

でも人見知りもあるし、営業や集客が苦手で活躍のイメージが湧きません。

松乃わなり僕も集客は苦手でした、口下手で無口だし

僕は福岡の炭鉱町で生まれ、気の荒い男どもに囲まれて育ったからでしょうか?気の利いた会話などは無理、これが営業や集客のネックだと思っていました。しかしそれは違いました。それを知るために

これまでの道のりを棚卸ししようと考えました。

コツコツと書き上げたメモは今現在46枚にまで集まりました。このメモ46枚を3つの自由を求めている方に読んでいただきたいと思っています。

笑顔の女性そのメモ、読んでみたいです

松乃わなりありがとうございます。ただ読むだけでなく簡単な問いかけもメモに添えました。

自分事として振り返るきっかけになったら、猛烈に嬉しいです。 メールで毎日、46枚のメモをお届けします。3つの自由(時間、お金、好きな場所)のヒントに少しでも感じてくれたら嬉しいです。

オンラインの進化系【旅先オンライン】

TOP