二足歩行が始まり、やがて石器を使いだす

進化と姿勢

二足歩行が始まり、やがて石器を使いだす

生物の進化、未だ解明されてない事

多くの謎が科学者による地道な研究で解明されています。水中から陸上に上がった理由。哺乳類に進化した理由。これらも解明されています。しかし・・・

進化と姿勢

しかし・・・未だ解明されてない事があります

二足歩行の始まりです。

318万年前。アフリカ、エチオピアに「ルーシー」という名の女性がいました。

ルーシー

身長は110cm 体重29kgほど小柄な女性です。脳の大きさは400cc未満。チンパンジーと同じくらい。私たちの脳は1400ccです。

ルーシーは人と同じような骨盤です。二足歩行していた証拠です。

脳が小さいのに二足歩行?

ルーシーの発掘によって、二足歩行の謎は深まります。それまでは、脳が発達 → 二足歩行と考えられていました。重い頭を支えるために二足歩行が有利だからです。

しかしルーシーの発見は二足歩行 → 脳が発達。これまでの定説とは逆だったからです。

なぜ二足歩行が先なのか?その理由はまだ分かっていません。そもそも二足歩行は、道具を扱えるなどの知性があれば有利ですが、知性が低かったらとても不利です。

二足歩行は走るスピードも遅く敵から逃げるにも不利です。(ヒグマは100mを8秒で走る)骨盤の幅も狭いので出産時の負担も母子共に大きく子孫を残す事も不利です。

私たちが普通に歩いている事もしかしたら神の領域かもです。

脳が未発達なのに二足歩行へ

アフリカの乾燥説が有力です。ヒマラヤ山脈とアフリカの大地溝帯(長さ6千キロ、幅35〜50km)このおかげで乾燥した空気が入り森がなくなり木から降りて歩き出した説です。

石器を使う

250万年前(330万年の説もあり)

ホモ属が誕生したのは、一番早い説で280万年前。最古の石器文化と言われているのはオルドワン石器(Oldowan)の260万年前(または250万年前)。この前に、330万年前の「ロメクウィアン文化」と名づけられている文化があったという説があるが、これを認めている人が少ないようです。

ホモ・エレクトスは初め、オルドワン石器を使用していたが、180万年前にアシューリアン(アシュールAcheulean)石器を開発したと考えられています。

まったく違った二種類の人類が登場

200万年前、まったく違った二種類の人類が登場しました。170万年〜150万年前の地層から二種類の人類化石が発見。これは2種類の人類が共存していたのです。

ホモ・エルガステルとパラントロプス・ロブストス

ホモ・エルガステルとパラントロプス・ロブストス

ホモ・エルガステル

身長は170cm前後でスマートな姿勢、体型です。現代人に近いかも。動物の死骸を探して歩き回って食料としていました。そのために長身になったのかも。骨についた肉や、骨の中にある髄を食べて肉食の始まりです。

パラントロプス・ロブストス

頭の上の突起が特徴で顔の筋肉を支える突起です。硬い木の根を食べていたと考えられ、顎の筋肉の発達のための突起とも考えらられています。身長は150cm前後です。

矢印

花子さん45歳。骨盤の歪みに悩み続け、整体やエステに通ううちに、これを仕事にしたいと思いだした。しかし・・・

私はコツコツと学ぶことは好きです

でも人見知りもあるし、営業や集客が苦手で活躍のイメージが湧きません。

松乃わなり僕も集客は苦手でした、口下手で無口だし

僕は福岡の炭鉱町で生まれ、気の荒い男どもに囲まれて育ったからでしょうか?気の利いた会話などは無理、これが営業や集客のネックだと思っていました。しかしそれは違いました。それを知るために

これまでの道のりを棚卸ししようと考えました。

コツコツと書き上げたメモは今現在46枚にまで集まりました。このメモ46枚を3つの自由を求めている方に読んでいただきたいと思っています。

笑顔の女性そのメモ、読んでみたいです

松乃わなりありがとうございます。ただ読むだけでなく簡単な問いかけもメモに添えました。

自分事として振り返るきっかけになったら、猛烈に嬉しいです。 メールで毎日、46枚のメモをお届けします。3つの自由(時間、お金、好きな場所)のヒントに少しでも感じてくれたら嬉しいです。

オンラインの進化系【旅先オンライン】

TOP