骨盤が歪んでいるって言うけど、そもそも骨盤は歪みませんよ!

骨盤の側方傾斜と水平回旋、マリリンモンロー

骨盤は歪みません!

もしも骨盤が本当に歪んだらそれはもう緊急入院の世界です。では骨盤が歪んでいるとは一体どんな状態なのでしょうか? さらに理想の骨盤とはどのような骨盤なのでしょうか?

「目次」

  1. 骨盤が歪んでいるではありません
  2. 足の開き方が左右違うは心配なし
  3. 骨盤、絶対に見過ごせない問題とは
  4. 骨盤は歪みません。理想の骨盤まとめ

骨盤力学びの場「骨盤力矯正」骨盤力学びの場「筋肉図鑑」 骨盤力学びの場「学んで活躍」骨盤力学びの場「用語集」

骨盤力

1骨盤が歪んでいるではありません。

骨盤が歪んでいるのではなくて「骨盤が緩んでいる」と言った方が良いです。または骨盤が開いている。

緩んでいるも開いているも意味は一緒です。そしてこの状態は骨盤底筋が緩んでいる状態。つまりお尻が開いている状態です。

お尻は姿勢によって締まり方が変わります。

前傾姿勢になればお尻は緩みますし、後ろに反りすぎてもお尻は緩みます。また足に合わない靴を履くなど足元が不安定でもお尻は緩みます。肩に力が入ってもお尻は緩みます。眉間にしわを寄せて怖い顔をしてもお尻は緩みます。つまり姿勢が変化するとお尻は緩みます。

姿勢が悪い = お尻が緩む = 骨盤が歪む > 意味は一緒です

これを一枚のイラストにするとこれです。上半身が緊張し肩に力が入る。足腰は緩む歪む。これが骨盤が緩んだ状態で通称「骨盤が歪んだ」です。つまり骨盤が歪んだとは姿勢が悪いと同じ意味です。

骨盤力と植物の関係

骨盤力

2足の開き方が左右角度が違う。ほとんど心配なし!

騒ぐほどのものではありませんし、お金を出して矯正を受けるものでもありません!

たとえば下のイラスト。足の角度が左右で違っています。この違いを見て「骨盤が歪んでいる!!!」などと騒ぐ程のものではありません。人間、何十年も一生懸命に生きてきたら少しくらい違いやアンバランスがあっても不思議ではありません。

骨盤が歪んでいる

右利き左利き。

「左利き! それは問題だ矯正しなければ!」って昔だったらあったかも知れませんが、左利きそれは個性です。それと同じで問題は別にあります。そうです。絶対に見過ごせない骨盤の問題です。

参考 > カラーアトラス人体解剖と機能(医学書院)

骨盤力

3骨盤にとって絶対に見過ごせない問題とは。

動いている時、立ち止まったときの重心位置とお尻の関係です。

下のイラストは骨盤の動く方向です。(股関節の動きではなくて骨盤の動き=骨盤周りの関節の複合の動き)骨盤の前傾も後傾も、側方傾斜も、水平回旋も骨盤が動いているとき、つまり体が動いているときは(歩いているなど)お尻は軽く締まっています。そして立ち止まるとお尻はさらにキュッと締まります。

  • 理想の状態 > 歩いているときお尻は軽く締まっている。> 立ち止まるとキュッと締まっている。
  • 問題がある場合 > 歩いているときも立ち止まってもお尻は緩んでいる。

骨盤の4つの動き

お尻はキュッと締まっている事が大切なのです。

逆にお尻が緩んでいる人を昔の人はこう言いました「ケツの締まりの悪い野郎だぜ」これこそが骨盤の問題です。そして理想は、お尻が軽く締まっている状態を自然体で出来るようにすることです。意識して「はいお尻に力を入れて〜〜!」は練習だけの話です。

理想の状態=自然体でお尻は軽く締まっているこれは奥が深い問題です。

自然体でお尻が締まっているためには全身が関係します。たとえば

  • 腰痛があると腰をかばうためにお尻は開きます。
  • 肩こりがきついと肩をすくめるような動作をするのでお尻は開きます。
  • O脚など脚の歪みがあってもお尻は開きます。

腰に痛みがあればそれをかばう姿勢になりお尻は(骨盤は)緩みます。だとすると骨盤矯正は腰痛のケアが必須になってきます。O脚があれば同様にO脚矯正が必須になってきます。

目的と手段を明確にしましょう。

たとえば腰痛があって腰の痛みがお尻が締まる(骨盤が締まる)ことを邪魔をしているとします。

  • 目的 > 腰痛をなんとかする事が目的
  • 手段 > 骨盤矯正

と分けて考えることが大切です。骨盤矯正が目的となってしまうと結果も出なくなってしまい出口も見えなくなってしまいます。要注意です。

今、骨盤矯正を受けている方。骨盤矯正で目的はなんでしょうか? 何を変えたいのでしょうか? そこを明確にしないと結果は出ないかと思います。いたずらに回数券を買わされ続けることはもうやめましょう。

骨盤力

4骨盤は歪みません! 理想の骨盤とは > まとめ

足の角度が左右で違うなど「心配なし!」です。

足の角度の左右差が腰痛と関係しているのなら問題です。しかし足の角度に左右差があっても、腰痛などの問題が出ていないのならそれでOK。それは個性であったり癖であったりで受け入れてOKなのです。心配いりません。

理想の骨盤とは自然体で動いているときもお尻が軽く締まっている。この状態こそがもっとも大切な部分です。

骨盤力・整体スクール学べる123 骨盤力に興味がある方へ

歪みや痛み不調の相談を受けて「大丈夫、私にまかせて!」と言えるようになりたい方へ。高度な内容をレベルを落とさず、分かりやすく学び体験できます。その場で歪みが取れていくからでしょうか満員御礼が続く骨盤力の勉強会です。詳しく見る>>>


関連記事

  1. 骨盤力診断

    身体の歪みは「必要悪」あなたの体が歪むほどに頑張ってくれた証…

  2. 椅子

    集中力がみるみるアップ!プラスチックの椅子と姿勢の深い関係

  3. 首筋とデコルテライン

    喉元から鎖骨にかけてのたるみと猫背の関係。

  4. 正しい姿勢の子ども達

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  5. 骨盤力

    O脚は骨盤重心と猫背が原因。子どものO脚も同じです

  6. ハムストリングス「筋肉・動画辞典」

    ハムストリング筋肉離れ / 骨盤力・整体ガイド


お名前

メールアドレス



推薦をいただきました

  • 東京大学名誉教授、医学博士東京大学名誉教授・医学博士先生
  • 東京大学名誉教授、工学博士東京大学名誉教授・工学博士先生
  • 医学博士 医学博士先生
  • 推薦のメッセージ>>>
  1. O脚の歪みパターン

    2018.12.11

    O脚矯正を行っても、すぐに元に戻ってしまう7つの原因とは…

  2. 赤ちゃん

    2018.12.06

    不妊治療に取り組む産婦人科に骨盤力が採用されました

  3. 子どもと家族が食卓を囲む「なんで姿勢を良くしないといけないの?」

    2018.12.06

    子どもから「なんで猫背はダメなの?」って聞かれたらなんて…

  4. 猫背の子ども

    2018.12.06

    背が高い子のパパ,ママ必見。目立ちたくない心理で猫背にな…

  5. 正しい姿勢の子ども達

    2018.12.06

    子どもをO脚にしないために知っておきたい4つの事

  6. 三重県志摩で骨盤力スクール

    2018.12.05

    三重県と和歌山県で骨盤力のスクールは美味しいものが多くて…

  7. 肩甲骨の動き

    2018.12.04

    肩甲骨の6方向の動き方を理解して首〜肩の整体に活かそう

  1. 猫背ではウエスト〜腹筋へのV字テンションが無くなる

    2018.11.20

    ウエストくびれ矯正は骨盤〜腹筋のVテンションがポイント

  2. 骨盤力ダイエットセミナー

    2018.05.09

    骨盤力ダイエット産後のママさん15名集結 / 骨盤力活動…

  3. 骨盤の4つの動き

    2018.10.13

    骨盤と股関節を全方向フルに動かし機能美を手に入れる方法

  4. 僧帽筋(そうぼうきん)「筋肉・動画辞典」

    2018.10.22

    僧帽筋(そうぼうきん) / 動画で学ぶ筋肉

  5. 体幹の回旋、首の回旋

    2018.10.26

    屈曲や伸展など関節の動きの専門用語をイラストと動画で理解…

  6. 脇を閉じる

    2018.08.01

    プロ整体師が本能的に行っているストレッチのコツ

  7. アナトミカルポジション

    2018.11.13

    アナトミカルポジションを意識した姿勢矯正のポイントは骨盤…