11年目の被災地

旅先オンライン

東日本大震災の被災地に来ています

ボランティアを1年間やってたときに 石巻市の女性に言われた事があります。

「私たちの事を忘れないでください」

かすれた声でした。 11年ぶりに約束が果たせた気がします。

旅先オンライン

福島第一原発の地元、双葉町〜浪江町〜相馬市〜2022年3月の今、復興が進んでいると実感。ただし・・・

311から11年。東日本大震災の時に僕は1年間、ボランティア活動を行なっていました。車中泊で地元に泊まり込んで。そのときからずっと気になっていた原発の町のこと。

震災から11年経って今の東北を見ておきたいと思い(本当は10年目の年に行く予定でしたが仕事で行けず)福島第一原発の地元、双葉町〜浪江町〜相馬市と訪ねてきました。

平成23年、2011年の震災直後は下図の左です。赤い部分が立ち入り禁止、宿泊禁止や避難準備のエリアです。

それが令和2年、2020年では赤い部分は無くなり帰還困難区域のエリアも小さくなりました。

福島県双葉町

引用>福島の安全性について

立ち入り解除になった原発周辺の街も見てきました

工事関係の車が多かったです。過酷な現場での作業に頭が下がる思いです。

原発の入り口は工事関係者以外は立ち入り禁止です。撮影地は国道6号線。ここから5kmほど北に双葉駅があります。

福島第一原子力発電所

福島第一原発近くから5kmほど北に双葉駅

福島県双葉町

駅周辺は、帰還困難区域内の特定復興再生拠点区域です。2022年春頃をめどに避難指示解除と住民の帰還開始に向けた取り組みが行われているそうです。

2020年3月4日に駅周辺部の先行解除が実施され、同年3月14日現在は駅・駅前・町コミュニティセンターのみ立ち入り可能で、町東側の避難指示が解除された地域に通じる道路のみ通行可能となりました。

駅周辺は時が止まったようでした

壊れた家屋が11年経っても放置。放射能の怖さが伝わってきます。

福島県双葉町

カーテンがかかったままのご自宅、雑草が生い茂りずっと放置されていることが伺えます。

福島県双葉町

海側に傾いた電柱。津波の引き波で倒れたのでしょうか? 時間が止まってました。正直いうとゾッとしました。怖かったです。

これから数日間、 今の東日本をこの目で見て回ります。

追伸 道の駅そうま

3月9日 ここでお土産を買いました。

人気酒造

道の駅そうま

その道の駅が3月16日に福島県沖地震 (2022年)で大きな被害がでたようです。瓦屋根が壊れたと聞きます。

旅先オンラインマニュアル、3冊丸ごとプレゼント

すぐに読むことができます。オモシロ役立ちますよ。

  • 旅先オンラインマニュアル(40ページ)
  • 壁にぶつかったときに読んで欲しいレポート(7ページ)
  • 旅をしながらオンラインで働く(11ページ)

旅先オンライン

お名前とメールアドレスを入れて「ボタン」を押してください

オンラインの進化系【旅先オンライン】

TOP