福岡からお便り。骨盤力の勉強会開催しました

未分類

2018年7月12日

小路美保(みお)

和太鼓教室に骨盤力を導入。全国区の活躍を。WebSite>>>

骨盤力の勉強会。体は「ガタガタ」の人が多かったのです。

椎間板ヘルニア、椎間板狭窄症、股関節痛、側弯症、膝関節痛、、それぞれ抱えた悩みは深刻で、それだけに、参加者の皆さんの集中力は凄く「学び取る」意欲が満点のピリリとした緊張感のある雰囲気。不具合が見られなかったのは、一般から参加されたプロの整体師の先生だけという状況の中。。。

松乃先生がデモンストレーションするたびに、皆さんの表情がどんどん変わっていきました!

その中でも驚愕のミラクルは、20年患い続けているという「椎間板ヘルニア」の男性(57歳)の参加者の体の動きと、表情が劇的に変わったこと!!!最初は、椅子がないと辛かった足腰、そして手をつかないと起き上がれなかった状況だったのに、すくっと!軽快に起き上がられて、周囲のみんなはビックリ仰天しました!

まさに!「痛くない」「軽い」「あれができる」「これができる」のミラクル体験!!!しかもそれは、勉強会中にみんなの目の前で起きた、ごまかしの利かない事実です!

ただし、その奇跡的な現象は、「姿勢の力を借りた」一時的な恵みだと、松乃先生は厳しく言及されます。要は、自分自身で自力で姿勢を良くする意識を持ち続けないと、また「元に戻ってしまう」危険性があります、ということですね。

そこで課題となるのが、「セルフケアの重要性」と「続けることの大切さ」

・・・だから、私達、骨盤力1級プロアドバイザーがいるわけですね!
どうやったら、自力で調整できるかを「伝える」スペシャリスト!ぜひ頼っていただきたいです!

そうして「痛みのコントロール」が出来るようになると、日常生活動作が楽になり、活動範囲が広がり、「出来ること」が増えていきます。もちろん、こんなとびきりの笑顔になっちゃうわけで(笑)

後日談
椎間板ヘルニアの痛みから解放されたこちらの方、翌日、長年寄り添った「腰ベルト」を忘れて、出勤したそうですよ(笑)!

[template id=”32226″]

関連記事

TOP