小学生に骨盤力を教えたつもりが、逆に教わったという話

未分類

2018年2月7日

楽しくて仕方がない」というのが一番の感想です。

骨盤力,整体スクール(整体クラス受講)小路さんからのレポート

それは、学んだことを実践するとすぐに効果が表れるからです。そして、その「セルフ骨盤」の方法論を、自営の和太鼓教室の子供たちに実践してみたところ、やはり即効性があり、特にO脚矯正の効果を感じることができました。

しかしながら、小学生に「骨盤力」を理解できるように説明することが難しく感じました。そこで、極力子供目線の言葉を使うようにしました。その語録は以下の通りです。

「かかとトントン」「足先11時05分」「膝を曲げてパカパカ運動」「膝閉じたらそのまま上がって、お尻をキュッ!」「お腹にチカラ」「背筋を伸ばしたら、肩を前から後にぐるーん、ポンッ!」

これを、太鼓教室が始まる前、整列して挨拶をするときに取り入れたところ、1ヶ月で意識付けができ、普段から姿勢が良くなる生徒が見受けられるようになってきました。それに伴い、発声がしっかり出来るようになり、さらには集中力が上がったのか、和太鼓のリズムを覚えるのが早くなってきた子もいます。
最後になりましたが、引き続き、セルフ骨盤力によって次世代の美姿勢をサポートすることで、引いてはそのコミュニティ全体がいきいきと活性化するよう努力していきたいと思います。

関連記事

TOP